今回のオリンピックでかなり楽しみにしていた女子ゴルフが始まりました。

もちろん男子も楽しみにしていたのですが、松山くんが出ないと分かってから、テンションだだ下がりw

現段階で、松山くん以外でメダル取れる可能性のある男子選手っていないんじゃないかと思っています。

というわけで、気を取り直し女子ゴルフを応援、追いかけて行きたいと思います。

個人的注目選手だけ!五輪女子ゴルフ選手のスコアボード

順位選手名1日目2日目3日目最終日トータルスコア
1韓国パク・インビ66667066268
2ニュージーランドリディア・コ69706569273
3中国フォン・シャンシャン70676869274
4T日本野村敏京69697265275
4Tアメリカステーシー・ルイス70637666275








7Tイングランドチャーリー・ハル68667468276








11Tアメリカ ジュリーナ・ピラー69676874278








16T台湾テレサ・ルー70677370280








25T韓国キム・セヨン66737371283








42日本大山志保70717774292








タイアリヤ・ジュタヌガーン



棄権

リオ五輪女子ゴルフ最終日

ウォー野村敏京選手最終日に一気に6アンダーで盛り返してきたのですが、惜しくも1打足りず惜敗wマジで悔しいですね。

これが昨日出ていたら、絶対に金メダル争いしていたのにとか考えると余計に悔しさが増します。最終日でようやくコースの感じを掴んだのか、3日目まで苦戦していた、折り返してからのINコースで、怒涛の4アンダー!これには正直びっくりしました。圧巻は15・16番での連続バーディー。この瞬間はもしかして銅メダル、いや銀まで行けるんじゃないかと思ったんですけどね。

リディア・コ選手も後半一気に盛り返して、この辺は流石トッププロたちですね。おめでとうとしか言いようがありません。

そして、このサイトでも勝手に優勝候補(金メダリスト)に推していたパク・インビ選手が、結局3日目だけ1アンダーと少し停滞しただけで、最終日も一気に5アンダーと他を寄せ付けない圧倒的な金メダル。

ステーシー・ルイス選手も5アンダーで最終日巻き返しましたが、結局4位タイと野村敏京選手と一緒にフィニッシュ

リオ五輪ゴルフを振り返って

今回は早々に男子ゴルフに興味を失い、女子ゴルフを集中して見てしまいましたが、この記事で始まる前に書いた、オリンピックは団体戦やマッチプレーでやるべきでは?という疑問は終わってもまだ尚思ってしまいます。

他の競技のようにどうも国対抗という感覚があまり湧いてこず、これでは、これからゴルフ熱を盛り上げ、競技人口を増やし、ゴルフ界を活性化していくというふうにはあまりならないんじゃないかなと思います。

400mリレーとか、卓球とか、確実に見ている人たちを刺激し、競技も注目させることができたんじゃないかと思うんですよね。そういう意味で、今回リオ五輪で約100年ぶりに復活したゴルフという種目ですが、いつものツアーメジャー位の感覚でしかなかったですね。まー普段から、いつでもトップレベルの戦いを繰り広げているスポーツという意味ではそれはそれですごいんだとは思いますが。

東京五輪でもゴルフは正式種目になっていますが、開催コース決定の際のドタバタなどを見ても、ゴルフ協会とかこれに関わる人達って何を目指しているんでしょうか?結局その都度都度で、利権やら力関係が作用して、大きな五輪開催の意味である、競技場をレガシーとして残し、パブリック化し、後世のの人たちにスポーツの持つ素晴らしさを伝えるみたいな、そういう本来の目的をグランドデザイン出来るような人はゴルフ協会にはいないんでしょうか?

青木功さんとか、丸山茂樹選手とかこの辺の人たちを旗振り役にして、みんなで盛り上げていけば、東京五輪のゴルフ競技は良いのになあとかってに考えていた、今回のリオオリンピックでした。

と、いうわけで、パク・インビさんおめでとうございます!

3日めの結果や感想

リディア・コ選手がガガっときましたね。もちろん実力者なんですが、あまり一気にくる感じの印象がなかったので、今回はちょっと苦しいんじゃないかと思っておりました。反省。スコアは午前中に一気に6アンダーを叩き出し、難しい午後からは、パーセーブ。

一番大きいのはなんといっても8番ホールで飛び出したホールインワンでしょう。8番ショートは154ヤードと短めのホールではあるのですが、まるでアプローチショットでも打っている感じで、自然にカップに吸い込まれていきました。

動画はこちら
YouTube

流石としか言いようがありません。この8番ホールは中国のリン・シユー選手もホールインワンを出して更にびっくり。オリンピックという特別な環境ならではの出来事でしょうか。

そして猛追のリディア・コ選手を唐牛でかわして首位を堅持した、パク・インビ選手。

今大会初めてとも言える、ちょっと出入りの激しいゴルフ。バーディー出たり、ボギーも打ったりと忙しい。

結局1アンダーでまとめてきたあたりは流石ですが、最終18番ロングでボギーを打つなど少し不安はつきまといます。

変わって日本人選手ですが、大山志保選手は6オーバーとメダルには絶望的になってしまいました。後半で出しでバーディーが来た時はおっ!と思いましたが、その後も波に乗れずズルズル交代。今回の5輪は残念でしたね。

野村敏京さんは前半-1で折り返してきたので、ここから爆発!と期待しましたが、まだまだエンジンかからず上がってみれば1オーバー、トータルスコア210・3アンダーで結局順位を2つ上げたのみになりました。

2日目の感想とか

日本人選手2人はまずまずのスタートと言った感じでしょうか。

野村敏京さんは出だし2番ホールでいきなりのボギー先行でしたが、4番で取り返すと、難しいIN後半もしっかりと2つ取って結局2オーバーでまとめましたね。

この辺りはさすが野村選手だと思いました。まだまだ爆発はしていないでこの位置にいますから、3日目にガツンとくればかなりいい線に入ってくれるんじゃないかと思います。

大山選手は13番のダボが痛かったです。今回調子自体は結構戻ってきているなというのが見ていて思うのですが、うまく咬み合わないというか、バーディーもある程度出ているのにボギーも出ちゃうという、ちょっと我慢のゴルフになってますね。

明日、大きく伸ばせなければメダルはちょっと苦しいかも。

五輪女子ゴルフ2日目まとめ

2日目はなんといっても、パク・インビ(朴仁妃)選手の強さが光りました。36ホール戦って未だにボギーが1個しかありませんから。バーディーを取る時も安心して楽に取れてる感じなので、ロングパットがハマりだしたら、このまま独走もあるんじゃないかと思います。

2位には実力者ステーシー・ルイス選手が上がってきましたが、63というハイスコアでの巻き返しなので、明日以降も続くのかちょっと見ものです。

朝方はテレサ・ルーがドドッとバディーラッシュで一気に行くかと思いましたが、後半ちょっと息切れwでもなんとか耐えて13位までじわっと上がってきました。テレサ・ルー選手は後半強いので、いい線いけるんじゃないかと。

こんな感じで2日目見ましたが、また明日も楽しみです。

注目選手と言うか応援している選手

もちろん日本人なんで、金メダルを取って欲しいと思っています。

日本人選手は野村敏京選手と大山志保選手が出場予定ですが、個人的には野村敏京選手が金メダルに近いんではないかなと。

野村敏京
2016年は既に2勝を挙げていますし、何より彼女の爆発力に期待大です。

スタッツを見てもわかるのですが、バーディー率2位とかなりの成績ですが、実はサンドセーブ率でもトップ10に入っています。一発の力もありながら、堅実にセーブも出来る彼女なら金メダルもありえるかと。

今回のような普段と違う?オリンピックみたいな大会には特に向いているんじゃないかなと勝手に思ってるだけですがね。

大山志保
大山志保選手は今年フジサンケイでは優勝をしていますが、いまいち今年は本来の実力が出し切れていない印象を受けます。

ただ、大山選手はオリンピック出場に並々ならぬ思いを抱いての出場らしいので、もしかして最近の実力以上で回る可能性もあるかなーと。

他国の注目選手

イ・ボミ
他の国で注目しているのが韓国の選手キム・セヨン(Sei-Young Kim)です。イ・ボミちゃんは残念ながら出場できずで残念w

キム・セヨンキム・セヨン選手ですが、去年はアメリカツアーの最優秀新人賞でいきなり活躍しまくったのですが、今年もその勢いは止まらず既にシーズン2勝を飾り、世界ランキングも6位まで上昇中!

キム・セヨン選手はちょっとタレ目?の童顔なのですが、実はテコンドーも3段とかなりの体育会系なんです。韓国KLPGAツアーでプレーしていた時は平均飛距離が13,14年とトップ。LPGAに来ても現在飛距離6位とかなりの飛ばし屋。

もう一つすごいのは、今年のJTBCファウンダーズカップ最終日に【62】で周り、アニカ・ソレンスタムが持っていたツアー記録4日間72ホールの最多アンダーパー記録の【-27】に並んで圧巻の逆転優勝!

逆転の女王とまで言われている彼女が、今回のオリンピックで注目している選手の一人ですね。

パク・インビもう一人の注目選手はギリギリで五輪出場を決めたパク・インビ選手。

直近の世界ランキングは5位と少し落としてしまいましたが、これは左手の怪我で苦しんでいたから。しかし、祖国韓国の為に五輪辞退も考えていると言っていたのに出場を決めたということは、かなり改善してきて、手応えを感じているからじゃないかなと思っています。

もともとの実力は世界NO1と言ってもいい彼女なので、持ち前のパット力で頑張ってほしいものです。

リディア・コその他には現在世界ランキングトップのニュージーランド、リディア・コ選手。

ランキングこそ26位ですが、日本でもお馴染みのテレサ・ルー選手。テレサ・ルー

と、やっぱりアジア系の選手ばかり応援注目しています。

野村敏京・大山志保と合わせてこんな選手たちもスコアを追っていきたいと思います。

五輪ゴルフの競技方式など

リオオリンピックで、112年ぶりの復活を果たしたゴルフですが、残念なことに団体競技はなく、個人戦のみとなりました。

各プレイヤー男女とも60人が、4日間72ホールを通してストロークプレーで戦います。上位3人までに複数の選手が並んだ場合は、プレーオフまでするので、メダルは各色1人づつとなります。

ストロークプレーも面白いのですが、オリンピックという国別対抗意識の高い大会ならではの、団体戦がふさわしいんじゃないかと思っていました。

2002年メキシコで行われた、ゴルフワールドカップでの井沢・マルちゃんコンビは今でも非常に興奮したことを覚えているので、せめてマッチプレーでのトーナメントとかのほうが良かったような気がするのは私だけですかね?

スポンサーリンク