アイアンを選ぶ基準は様々ですが、最初に基本的なアイアンの知識を身につけて、そこから現在の自分に最適なクラブを見つけていくと上手くいきます。

単純にゴ○フファイブやつ○やゴルフに行ってシュミレーターで一番良い球が出るアイアンを、店員が勧めるままに選んでしまっては失敗の始まりなので、ぜひ簡単な知識程度は身につけるようにして下さい。

今回の記事を順番に読んでいただければ、アイアンを選ぶ基準や選び方のポイント等が理解できるように書いています。

これからアイアンを選ぶ時に注意する点や、選ぶ基準などで悩んでいる方の参考になればと思います。

最初にお断りとして、この記事はこれからゴルフをやっていく上で、上達を目指したいという人に向けて書いています。

たまにゴルフ行くときだけそこそこ簡単にできればいいという人には逆にあまり参考にならないかもしれませんのでご理解下さい。

前置きが長くなりますが、もう1点だけ。

これからゴルフを始める人も既に始めている人も、『自分にあったクラブが欲しい』と考えていることです。

これが実は最大の失敗かもしれません。このあたりは後述します。

現在の自分にあった最適なアイアン選び

『自分にあったクラブが欲しい』

はい当たり前ですよね。僕も常々そう思ってクラブを探してきました。

しかし、特にスイングの完成したプロゴルファーならいざしらず、初心者や中級者程度の腕前であれば、今後絶対にスイングは大きく変わります。いや変わらないと上手くはなっていきません。

初心者だからと、最初から初心者用のロフトが立った極大ヘッドのアイアンなどを購入してしまっては、これに合わせたスイングが身についてしまいます。

はい、クラブがスイングを作ってしまう典型的な例です。

クラブ選びの理想は、目指すべきスイングをした時に理想の球が出るクラブ(今回ははアイアン)だということです。

現在の自分に効果的(まっすぐ飛ぶ・よく飛ぶ・ミスが少ない)という事と、ゴルフが上達する為に必要なクラブは相反すると理解しておいて間違いないでしょう。

という大前提のもとで、今回の選ぶ基準はまずは基本的にオーソドックスなモデル選びが出来るように書いていきます。

ロフト角の知識

アイアンを選ぶ時にいちばん最初に重要なポイントは、番手ごとのロフト角です。

最近はアイアンにも飛距離を求めるゴルファーが多く、より飛ぶほうが売れるということもあってメーカー各社もロフトを立てる傾向があります。

しかし、これはかなり上達の妨げになります。

ロフトを従来よりも立てると、アプローチに使うようなピッチングウェッジ・アプローチウェッジ・サンドウェッジなど、フルショットをあまりしないクラブとのロフト差がかなり大きくなってしまいます。

ドライバーのロフト角平均10°から始まりサンドウェッジの平均58°まで流れるようにロフトがあると、番手間の距離のばらつきが無くなり、ショットが安定してきます。

逆説的にロフト角がきれいに並んでいる状態で、番手間の距離の差が一定だと、スイングも変わりにくいといえます(ちょっと上手く言えなくてすいません。)

難しいのは、ロフト角が変則的でもメーカーは距離を一定にする努力(フェース面を厚くしたり・重心位置を変えたり)はしているのでが悪いです。

これで一応、飛距離のばらつき加減は抑制されるのですが、絶対にクラブごとの打感や、フィーリングが変わってしまい、結果、使い続けて調子が悪くなってくるとスイングの迷宮入りになることが確実です。

アイアンの番手ごとのロフト角※クリックで拡大
アイアンの番手ごとのロフト角※クリックで拡大

標準モデルのロフトと、ロフトの立ったアイアンを比較した表です。これを見ると小さな番手にかなり無理が生じているのが分かって頂けると思います。

現在のクラブのロフト角がどうなっているかというと

まず標準的なロフト角というのを知っておく必要があります。

ということで、有名メーカーのアイアンのロフト角を比較してみましょう。

標準的なアイアン #5 #6 #7 #8 #9 PW
TITLEIST 716CB 26° 30° 34° 38° 42° 46°
SRIXON Z765 25° 28° 32° 36° 41° 46°
ゼクシオ フォージドアイアン 24° 27° 30° 34° 39° 44°
ブリジストン TOUR B X-CB 25° 28° 32° 36° 41° 46°
ロフト角小アイアン #5 #6 #7 #8 #9 PW
TITLEIST VG3 25° 28° 32° 37° 42°
SRIXON Z565 24° 27° 31° 35° 39° 44°
ゼクシオ ナイン アイアン 24° 27° 30° 34° 39° 44°
ブリジストン JGR ハイブリッド フォージド 26° 29° 33° 38°

上段が一般的なロフト角のアイアンで、下段がロフトの立ったアイアンです。

それを平均したものが下図になります。

ロフト平均 #5 #6 #7 #8 #9 PW
標準的なロフト 25° 28° 32° 36° 41° 46°
ロフト角小 24° 26° 28° 32° 37° 42°

ゼクシオのアイアンだけは、基本的にロフト差がないので、少し平均値を下げていますが、これを見ても7番アイアンより上のクラブで4°以上の差があります。ゼクシオを除けば更に差が広がります。

標準的なアイアンですと、長さが37インチ長で32°~34°が7番アイアンの基準になるかと思います。

これがロフトの立った(ロフト角の少ない)アイアンだと、37インチ長で26°~31°となり、これでは従来の5番アイアンをグリップを短くして打っているのと同じ事になってしまいます。

最初に述べたとおり、ロフトを立たせても最適角度でボールが上がるような設計にしているので、ある程度は上がっていきますが、かなりおかしなことになっているのは分かって頂けると思います。

更に、6番5番も4番5番のロフト角になり、歪が大きくなって行きます。これでは逆に難しいアイアンになってしまいます。

今ではメーカーも5番アイアンの代わりにユーティリティを入れましょうと言うのが流れですが、こういうところも原因になっていると思います。

そしてとうとうショートアイアンの番手も、ピッチングとアプローチウエッジの間に1番手追加するメーカも現れてきました。

最初に買うならロフト角の標準的なアイアンをおすすめ

ゴルフの上達を考えているのであれば、出来るだけ、標準的なロフトのクラブを使うことをおすすめします。

メーカーサイドはよく使うとされる7番アイアン以降のロフトを立てることによって、飛びを謳っていますが、ゆくゆく行き詰まる時が来ると思います。

とは言っても、メーカーはこぞって同じ傾向でクラブを作るので、初心者用と謳っているアイアンは軒並みロフト角が立っています。

オーソドックスなロフトのクラブは上級者・中級者用のみいうと悲しい状況にありますが、その中でもできるだけオーソドックスなロフトに近いもの選ぶ事をお勧めします。

アイアンのライ角も重要です

次に重要なのが、ライ角です。

ライ角とは地面にスコアラインが平行なった時の、地面とシャフトの角度です。

アイアンのライ角 ※クリックで拡大
アイアンのライ角※クリックで拡大

最適なライ角で打ったボールはナイスショットすると真っ直ぐ飛んでいきますが、アップライト(トー側があがる)になるとナイスショットしても左方向へ、フラット(ヒール側があがる)になると右方向に飛び出します。

身長や腕の長さに関係してきますが、7番アイアンで62°~ 61.5°あたりが適正です。構えてソールした時に、トー側が少し浮き気味になるくらいです。(インパクト時点でのトーダウンにより適正になります)

スチールかカーボンかの違い(シャフトの硬さ)によってもトーダウンの大きさが変わるので、正確にはインパクト時点のライ角を確認することをお勧めします。

適正なライ角を見つけるには、フィッティングボードの上で、インパクトシールを使って計測します。ソールのどの部分が擦れているかで簡易的・知覚的に判断することが出来ます。

フィッティングボード
フィッティングボード
インパクトシール
インパクトシール

ヘッドスピードによりシャフトを選ぶ

シャフトの選び方に関しては以下の記事で詳しく書きましたので参考にして下さい。

シャフトは大きく分けてカーボンシャフトとスチールシャフトがあります。

アイアンのシャフトはスチールシャフトがほとんどですが、最近はアイアンにもカーボンを入れるプロもちらほら出て来ました。しかし基本的に一般的な男性ならスチールシャフトを選べば良いと思います。

カーボンシャフトは軽くしなりやすい特性があるので、力のない女性や、ジュニアゴルファー・シニアゴルファー。また、非力なゴルファーは検討してもよいかと思いますが、やはりまだ発展途上の製品なので、積極的に最初から取り入れるのはおすすめしません。

また、シャフトにはフレックスと言って硬さを示す表記があります。このあたりは上記リンクに書いていますが、

成人男性 フレックスRかS
ヘッドスピード35m/s~48m/s
成人女性 フレックスAかR
ヘッドスピード30m/s~43m/s
力の強い人 フレックスX
ヘッドスピード50m/s~

これくらいの知識で大丈夫です。ヘッドスピードに合わせて選んでいけばよいでしょう。

まとめると

これで大体選ぶべきポイントが分かっていただけたと思いますが、はっきり言って細かい部分やそれこそフィーリング・打感とか言い出したらきりがありません。

まずは今回紹介した3つのポイントを抑えておけばまず間違いない選択ができると思います。

その上で、ゴルフが上達し、知識や経験が増えてきた段階で、不満を解消するクラブや、望みを叶えてくれるクラブをチョイスしていけばいいと思います。

今回のポイント

  • 初心者用と謳われたアイアンは選ばないほうが無難
  • ロフト角の異常にたったクラブはダメ
  • ライ角は重要なので絶対に見てもらうべき
  • シャフトはあまりこだわらずに選んでもいいと思いますよ(笑)

スポンサーリンク