初心者ゴルファーにとって上達の最初の関門は何と言ってもスライスです。
今ではゴルフが上手になった殆どの方もやはりスライスを経験し、練習を重ねスライスの壁を越えてきているのです。

少し前までは、ここでリストターンという技を覚え、スライスを克服してきました。

スライスは、その要因が技術的な事からクラブ設計と多岐にわたり、そのことがある意味ゴルフ自体を難しくしているとも言えます。
ところが近年ゴルフクラブの技術革新のおかげで、技を使わなくともクラブのほうで仕事をしてくれるような物まで出てきました。
今回はそのことについて解説します。

最近のドライバーの特徴

ドライバーを持って構えた時に、シャフトの延長を垂線として、クラブフェースが飛球線に対して0.5~1°左を向いています。(クローズドフェース)

そのことがインパクトの瞬間にリストターンを意識しなくても、クラブヘッドがはね返されるのを防いでくれ真直ぐ飛ぶように設計されています。

最近のアイアンの特徴

シャフトの延長線よりクラブフェースが少し奥まっているグースネック(グースの首に似ていることから)があります。

このことにより、ボールコンタクトが一瞬遅れ(時間差)結果的にクラブフェースが閉じるので、右にいくのを防いでくれます。

シャフトの延長線上にクラブフェースがきているノーマルタイプ(ストレートネック)と比べてやはりリストターンをしなくてもいいように設計されています。

現在の初心者用ゴルフクラブの殆どが、上記のようににデザインされているので、最近のクラブは昔のクラブに比べて非常にスライス自体はしにくくなっています。

20年くらい前からするとクラブの技術革新はもの凄い勢いで進化しているのです。

ドローやフェードをたやすく打ち分けたい人はノーマルフェースがオススメ

しかし、リストターンを身に付けている人が上記のような初心者用クラブを使うと、フックしたり、ひどい場合はチーピン(急激に左に曲がる)になりやすいので注意が必要です。

逆にフックばかり出るようになった時が、上級者用クラブへの変え時とも言えます。(スイングでボールを捕まえられるようになった)

最初から『ゴルフが上達したい』『もっと上、競技ゴルフを目指す』という方はドライバーは0~0.5°オープンアイアンはストレートネックでリストターンをマスターしてください。

初心者の人が打ち易さを基準(真っ直ぐ飛ばす事)で選ぶ場合

シャフトの延長線に対してクラブフェースがどうなっているかに着目してください。

ドライバーはクローズドフェース、アイアンはグースネックというのが、初心者の時にはオススメです。

おそらくそれでもスライスはすると思いますので、次は、基本のグリップの握り方や構え方、そして体の動かし方・スイング軌道などを見直してください。

スライスの原因は多岐にわたるのですが、それをクラブのスペックで解消するのか?少し手伝ってもらうのか?それともクラブ自体には助けてもらわず、自らの実力で克服するのか?

スイングと道具の関係というのは無限に存在するので、コレを組み合わせ、コースで最良の結果が出るようにするのがゴルフの奥深いところですので、スライスが出て治らない時は、あまり深刻にならず、楽しみながらチャレンジしてもらえれば、数段エンジョイゴルフになると思いますよ。

※スライスのスイングでの要因や解決策ははこちらの記事参照

スイングを直さずに手っ取り早くスライスを治す9の方法
スライスの原因を正確に知ることで大ミスを治す方法
スライスの原因と種類を知るのがスライスを治す近道
明日ラウンドなんで手っ取り早くスライスを治す方法
スタンスの目からうろこ。スライスが直せる究極のたち方

スポンサーリンク