クラブフェースのスイートエリアのお話です。
スイートエリアは所謂、芯を外しても飛距離が著しく落ちないクラブフェースの範囲とお考えください。

もう一つ、スイートスポットという部分もありますが、こちらはクラブフェースの(※4 重心点)となります。

殆どのゴルファーはクラブフェースの真ん中を意識してボールに当てようとしてスイングする訳ですが、アマチュアゴルファーは初心者に限らず、常にスイートスポット付近に当てる事はかなり難しいです。

従って、クラブメーカーも芯を外しても飛距離が落ちないように、ドライバーの場合クラブフェースの内側(内部の壁の構造)を工夫しています。
アイアンヘッドの場合も大型化したり重心位置を工夫したりして、スイートエリアを広げるような傾向にあります。

上手くいった時にはご褒美、ミスしたらそれなりの罰が与えられるものです

ところが、スイートエリアが広いことがゴルフ上達の妨げになる可能性を秘めています。
どういう事かと言うと、本来どんなスポーツにしろ上手くいった時にはご褒美、ミスしたらそれなりの罰が与えられるものです。

ゴルフの場合も同じです。

ミスした時にはそれなりのペナルティが、その代わりナイスショットをしたらご褒美をもらうというように、上級者ゴルファーは、特にミスショットがはっきり分かるほうがいいと言う考え方を持っている人が多いです。

ミスした時にどうしてミスをしたのだろう?と原因を追究する必要があるのです。

コレが出来ないと、困難な状況で、スイングを調整して対応しようとしても、細かな調整ができなくなり、対応力が伸び悩んでしまうのです。

もう一つの理由は、アイアンの場合、大型化してスイートエリアを広げたヘッドは、ラフからショットする場合、芝に絡んでヘッドの抜けが悪くなる傾向にあります。
反対に小ぶりのヘッドは芝の抵抗も少なく抜けがいいです。

ゴルフというスポーツのゲーム性

ゴルフというスポーツはどれだけミスをしなかったか?を競うようなゲーム性があります。ミスが少ないほうがいいしスコアもよくなるということです。

従って初心者の方がゴルフクラブを選ぶ場合、自分がどこを目指しているのかを考え、お楽しみゴルフの場合はスイートエリア広いほうを、上達志向の人は、小さめのスイートエリアの狭いヘッドのクラブを選択してショットの精度を上げるべく練習してください。

勿論、上達を目指すゴルファーでもスイートエリアの広いヘッドを使い、易しいゴルフをしてスコアメークを目指すのもありですが、上述したように、細かなテクニックや対応力は磨けなくなります。

このことから、個人的にオススメするのは、これから競技・大会などにも出て行きたい、いずれは70台出回るシングルプレイヤーになりたいと考えている人は、あまり大型のヘッドなどは選ばず、ミスがシビアに出る家機構にあるものを選ぶほうが後々上達するには適切だと思います。

この辺りは、考え方が無数にあるので、やはり自分で決断をするに越したことはないですが、ひとつの参考になればと思います。

更に、両者では、スイングも違いが出てくるので、後々、傾向の違うクラブを選ぶと、スイング自体を全く変えていく自体にもなりますので、よく考えて選びましょう。

余談ですが、ゴルフ界のカリスマ【ジャンボ尾崎】は、まだヘッドが木製だった時代に、最新のメタルヘッドや、スチールシャフト全盛の時代にいち早くカーボンシャフトを取り入れて大活躍してきたゴルファーです。

ジャンボ尾崎のwikipedia

ですので、一概に優しさを求めてクラブ選択するのが悪いわけではないという事を補足しておきます。まあ、日本のトッププロの話しですので、練習量や考え方で参考になりにくいところがあるかもしれませんが、知識として覚えておくといいかと思います。

スポンサーリンク