ゴルフ初めての方や初心者の方がゴルフを始める場合、レッスンを最初から受けたり、上手な方に教えてもらいながらゴルフスイングを覚えていきます。

当然、最初はボールにうまく当たりませんし、スイングもぎこちないはずです。
それでも地道に練習を続けていくなかで色々覚え上達していきます。

ところがこの時、使っているクラブの特性を十分理解しないまま練習されている事が多々あります。

今回は、その特性の中でも最も重要なスイングバランス(※2 スイングバランス)に付いて解説していきます。
これを理解した上で練習するのと、知らないでするのとは大きく変わってきます。

もしかしたら、自分に合わないクラブで一生懸命練習をして、一向に上達しない?ということになっているかもしれません。

スイングバランスの基礎知識を知る

スイングバランス自体はとても簡単で、ヘッド側が重たいかグリップ側が重たいか?の重さのバランスです。

クラブの重さは重要なファクターということは前に説明しましたが、このスイングバランスは更に重要なファクターなのです。

例えば、

  • 総重量が重たくても、グリップ側よりヘッド側のほうが軽くなっていると、クラブを持った時に軽くなる。
  • 逆に総重量が軽くても、ヘッド側が重くなっていると手に持った時は重くなる。

ヘッド側が軽過ぎると、手の操作がやり易いので手打ちスイングになる傾向にあります。手打ちスイングでは大きな飛距離は望めませんし、方向性も悪くなります。

逆にヘッド側が重過ぎると、リストターン(※3 フェースローテーション)がしにくくなり、ヘッドがインパクトの瞬間に閉じきらずスライスの原因になります。

スライスを直そうとして、無理やり手首をこねたり左を向いたりすると、更にスライスになり益々深みにはまってしまいます。

クラブが自分に合っていないんだと分かった時には、悪い癖が身についているかもしれません。

このように、クラブのスイングバランスを知らずに練習していると、やればやるほど下手になってしまい悲しい結果になることもあります。

スイングバランスは自分のヘッドスピードを目安に

スイングバランスの最適な選び方の一つに、ゴルフの経験の差や男性女性の違いというより、自分のヘッドスピードに対して最適なスイングバランスのクラブを選ぶといいです。

クラブというのはスイングや他にもいろいろな要素で決まってきますが、あくまでも基準値ということで、先ずはヘッドスピードを参考にするのです。

ドライバーのヘッドスピードに対してスイングバランスのおおよその目安です。

40m/s以上
C9~D1
35m/s以上
C5~C8
34m/s以下の方
B7~C4

ヘッドスピードが45m/sを超え、50m/sもあるような、特に野球経験者などはD2以上のスイングバランスがいいです。
クラブの重さのところでも触れましたが、ヘッド側が重たいとボールに与える衝撃力も強くなり飛距離も伸びます。

スイングバランスの値についてはスペックにも記載されていますし、クラブシャフトのグリップ付近に記載されていることが多いです。

適正なスイングバランスを認識して練習に励むことをお勧めします。

スポンサーリンク