クラブの重さ(総重量)は、自分が振り切れる限り重たいのがお勧めです。

クラブを振り切れると言っても抽象的ですが、わかりやすく云うと、フルスイングをした時に自分の足腰がふらつかない程度の重さと考えてもらって大丈夫です。

ではなぜ、重たいクラブがいいかと言うと重たいほうがボールの与える衝撃力が強くなるからです。(※1 慣性モーメント)

衝撃力が強いということは確実に飛距離が伸びますし、強いボールになりますので風の影響も受けにくくなります。

軽トラックとダンプの衝撃力を考えると理解しやすいと思います。

足元がふらつかないってどれ位?

しかし、、足腰がふらつかない程度も限度がありますので、感覚としてはヘッドスピードが落ちない程度で最大限重たいクラブとなります。

一度、街のゴルフショップなどでヘッドスピードを計測して、自分の適性なクラブの重さを認識しておくことが重要です。

一つ注意点として、軽過ぎるクラブはヘッドスピードは上がりますが、手の操作がし易いので手打ちになり易く、体全体を使った理想的なスイングの妨げになります。

重量のバランスは大事

もう一つクラブの重さで重要な事は、クラブセット(ドライバーからアイアンまで)としての重さのバランスです。

ゴルフクラブはドライバーのような長いクラブも短いアイアンも同じようなスイングで振れる事が理想です。
その為には、長いクラブと短いクラブの重さのバランスを考える必要があります。

長いクラブで重た過ぎると振り切れませんし、短いクラブで軽いとスイング軌道が安定しにくくボールの方向性が悪くなります。

丁度いい按配にする必要があるのです。

理想的な重量配分

具体的には、男性の標準的なドライバー45インチで300g位だとすると、#5アイアンは、重たいスチールシャフトの場合+100g、カーボンシャフトの場合だと80gくらいが理想的です。

最近増えてきている軽量スチールシャフトの場合は、カーボンシャフトと同じ考え方でいいです。

このくらいだと全てのクラブで同じ感覚で振ることができます。ただし、個人差もありますので、あくまでも一般的な目安として考えると良いと思います。

又、メーカのクラブスペックは大体基準になる#5アイアンの重さが記載されていますので参考にになると思います。上記の目安がわかっていれば、カタログ値を見ただけで、基本的な要素が分かるのではないかと思います。

更にアイアンの中でも、サンドウエッジは少し特殊(方向性重視で、飛距離を必要としない使われ方)ですが、バンカーショットや深いラフからの脱出などを考えると、やはり衝撃力を必要とする重たいクラブがいいです。

サンドウェッジだけ少し重めにしてみたりというのはありだと思いますが、あまりにも重量のかけ離れた組み合わせは注意しましょう。あくまでも優先すべきは、全体の重量の流れになります。

最後にパターの場合、スイングではなくストロークとなる為、重さに関しては考え方が違ってきますので別記事で掲載します。

スポンサーリンク