ゴルフクラブにおいて最も重要なパーツがシャフトです。
どんな素晴らしいヘッドであったとしても、シャフトがマッチしていなければ、そのクラブは使用者を満足させるに至りません。

それが例えどんなに高価なシャフトであってもです。

今回はクラブ選びの中でも迷うことの多いシャフトのフレックス(硬度)について書きます。

結論から見たい人は
スイングスピード・スイングテンポで選ぶシャフトフレックス

構えた場所に戻すのがシャフトの役割

シャフトの役割は、クラブヘッドを構えたところに、テークバックからトップそして切りかえし、最後に元の場所に正確に戻すことです。

ナイスショットをするには、自分のスイングのタイミングで正確に戻ってきてくれればいいわけです。

ヘッドスピードの速さよりスイングのテンポのほうが重要

一般論としてシャフトの硬度は、ヘッドスピードが遅い人は柔らかいシャフトを、速い人は硬いシャフトがいいとされています。
傾向としては間違いではありませんが、どちらかというと、ヘッドスピードの速さよりスイングテンポのほうが重要です。

スイングテンポの速い人が柔らかいシャフトを使った場合どうなるかというと、シャフトがしなり過ぎて、インパクト付近でヘッドが遅れスライスボールになってしまいます。
更にしなりすぎるからと言ってタイミングをずらして振ろうとすると、戻りすぎてフックになったりと中々上手く行きません。

逆にスイングテンポの遅い人が硬いシャフトを使うと、シャフトをしならす事ができず、更にボールも失速して高く上がらず飛距離が望めません。

ゴルフ上達のためには、自分のスイングテンポにあった適正な硬さのシャフトになっていることが重要です。
合っていないシャフトのクラブで練習すると、悪い癖が付いて上達の妨げになります。

シャフトの硬さ・柔らかさの表記

基本的なシャフトの硬さの表記を知っておきましょう。

シャフトの柔らかい順に

(J・L・A)→R→(SR)→S→X→(XX)

となっています。基本的にR・S・Xを覚えておけば問題無いですが、より柔らかいL・A、ジュニアクラブ向けのJというのもあります。

更にSR・XXというように中間的な表現のものもあるので、R・S・X以外の表記の場合は何処に位置するのかは最初に確認しておきましょう。

各記号の意味は

Lフレックス→Limber(LadiesのLではありませんよ)
Aフレックス→Average
Rフレックス→Regular
Sフレックス→Stiff
Xフレックス→X Stiff

見栄は身を滅ぼす?

上手なゴルファーがSフレックスを使っているからといって、決して見栄で硬いSとかを選ばないようにしてください。
逆に初心者だからRとかAじゃないといけない理由もありません。

まず、自分のスイングテンポは速いのか?遅いのか?色々な硬さのクラブを振ってみて自覚するところから始めてください。
町のゴルフショップの試打室に設置されている計測器でスイング解析をするだけで直ぐ分かります。
例えば、同じメーカのRとSで打ち比べてみますと一目瞭然、数字に表れますし、ショップの方が判断してくれます。

それからシャフトの硬度はシャフトの重さにも関係していて、重たい方が硬くなる傾向にあります。
クラブの重さは重要なファクターのところで、振れる限り重たい方がいいといいましたが、いい塩梅で選択してください。

ただし、注意が必要なのはこの硬度は統一基準がありません、従ってメーカが違えば逆転現象もおきることもあります。
あるメーカのSが別のメーカのRより柔らかいということもあり得るということです。

正確には後に出てきますが、シャフトの振動数を計測して判断するのですが、残念な事にメーカーのスペックにはこの振動数を明記しているところが殆どありません。

恐らく振動数を表示しても感覚的に硬いのか?柔らかいのか?分かりにくいからだと思います。

ヘッドスピードに対しての目安などは?

スイングリズムで選ぶほうが良いと何度も行ったのは、あまりにもヘッドスピードだけで判断する人が多いからですが、かと言って、男子ゴルファーでもスローテンポなゴルファーもいます。

宮里兄弟なんかは、みんなスイングテンポはかなりゆっくりですが、だからといってAやRクラスの振動のシャフトを使っているわけではありませんので、勘違いしないようにして下さい。

ある程度ヘッドスピードの基準があってそこにスイングテンポの要素が加わってくるということです。

そこで、ヘッドスピードとシャフトフレックスの関係を書いておきます。

~35m/s L
30m/s~40m/s A
35m/s~43m/s R
42m/s~50m/s S
45m/s~ X

このように参考に乗せてみてもかなりの幅があると思います。

コレでは少し選びにくいので、目安にする方法を書きます。

成人男性なら
35m/s~50m/s
女性やシニアの方
30m/s~45m/s

ぐらいなので、ほとんどの方はSかRの選択で問題無いと思います。

そして例えば42m/sの男性なら基準をSにして、スイングテンポがゆっくりならSRやRを、逆に早めならSXやXを選ぶという選択肢があるという感じです。

この辺りの考え方も無数にあるので、しっかりシャフトの硬さと、選ぶべき基準を確認して、最適な硬さのシャフトを選ぶと、実力がいかんなく発揮されると思います。

もし個人的にご相談などがある場合は、問合せメールか、こちらのコメント欄でお知らせ頂ければ、ある程度アドバイスは出来ます。

特に最近は、ネットでクラブを買う方が増えているので、中々相談できない方が多いみたいですので。

又、シャフトにはねじれやキックポイントなど他の要素も複雑に絡んできますので。別エントリーで解説します。

スポンサーリンク