楽天ゴルフの戦略がスゴすぎる。新たなチェックインサービスに思うこと

バブルも真っ只中に育った世代の私は、当時ゴルフの会員権を持っている人を雲の上の人という感情を持っていました。
いや、と言うかゴルフをするというだけでバブリーなお金持ちの人という臭いを感じていたものです。

※この記事はゴルフ場予約システムについてのただの個人的な感想や予想なので、めちゃめちゃ暇な人以外は読んでもあまりメリットはないと思いますので、暇つぶしがてら読んでやろうという奇特な人以外はぜひ読まないようにお願いしますm(__)m

当時は土日祝日等、週末にゴルフに行こうものなら、軽く3万円はかかっていました。それに食事代やら高速料金、ガソリン代、更にクラブや道具の費用などかかっていたので、一回5万円の感覚でしたからね。

ゴルフ場の会員権なんてもっと手の届かない金額で、相場的には今の5~10倍の価格で、今300万円のゴルフ倶楽部ならそれこそ3000万円とかでしたから、そりゃー庶民のスポーツとは程遠いものでしたよ。

しかし今では週末のラウンドでも1万円ぐらいのゴルフ場も探せばいくらでもある状態ですし、平日なんかは5,6000円とかありますからね。

私のホームコースでメンバータイムに予約すると、たまに年配のおじい様たちに今の会員権の価格について聞かれることがありましたが、私は聞かれると「250万円ぐらいでしたよ」「俺はその10倍ぐらいやからハンディ多めにもらうよ~」みたいな。

おじい様も少し話は盛っているとは思いますが、概ねどのゴルフ場も5倍以上はしていたことは間違いありませんね。

ゴルフのプレー料金が格段に安くなった理由とは?

そんな状況を今のゴルフ料金にするのに貢献してくれたのは、少なからずネットのオンライン予約システムの普及にもあると感じています。

このサイトでも再三、楽天GORAやGDO、最近ではじゃらんゴルフ、ゴルフ三昧等でゴルフ場を予約するのがおすすめと行ってきましたが、各社料金だけではなく様々なサービスを競い合ってくれています。

そのおかげで料金体系がオープンになり、価格競争が起きることで今の低価格の料金が実現できたのは間違いないでしょう。

ゴルフ場の予約サイトで一歩抜きん出ていたのは、真っ先にオンライン予約を始めたGDO(ゴルフダイジェスト・オンライン)でしたが、そこに後発の楽天ゴルフが参入し、今ではこの2社が独走態勢になっています。

そんな時に満を持して参入してきたのがじゃらんゴルフなんですが、2大巨頭にどう立ち向かうのかが気になっていました。

【じゃらん】はネット旅行予約の世界では大成功の会社で、そのリソースを活かし同ゴル場予約に立ち向かうのが楽しみでした。

【楽天】もネット旅行予約の分野ではかなり良い所に行っていますが、やはりそれのみに特化した会社という強みがあるのではと思っています。

ゴルフ全般という部分に特化したゴルフ専門サイト【GDO】か、ネットで何でも売っている【楽天ゴルフ】か、旅行会社の強みを活かした【じゃらんゴルフ】か?この三つ巴が当面は予想されます。

実はゴルフ予約場サイトの勢力図が入れ替わるサービスの発表では?

そんな時楽天ゴルフが面白いサービスを発表してきました。

サインレスチェクインを可能にする「楽天チェックインサービス」というものです。

今回の楽天ゴルフのこのサービスは単なる付加価値サービとは違うとんでもないポテンシャルを秘めているのではないかと感じています。

勝手に独断と偏見でこのサービスに対する分析をしていきます。

そもそもサインレスチェックインサービスとは、ゴルフ場に到着した時の、「こちらにお名前と住所をお願いします♪」という、気ぜわしい中での面倒くさい作業をせずに、カードなりスマフォをかざすだけでチェックインが可能になるサービスです。

このさっとかざすだけでゴルフ場での手続きが終わるというのは、よくゴルフ場に行く人には特によく分かってもらえると思うのですが、はっきり言ってめちゃめちゃありがたいです。

実は今でもアコーディア・ゴルフなどの、たくさんゴルフ場を抱えているグループゴルフ場では既に始まっているのですが、いかんせんサインレスチェックインの出来るゴルフ場が少ないので、たまにそんなゴルフ場にあたっても、会員カードを忘れたりで上手く活かしきれている状況ではありませんでした。

それが楽天ゴルフでは早期に全国のゴルフ場1000コースに導入するということで、飛躍的に利便性が高まるのではないかと予想できます。

現在楽天GORAでは予約可能ゴルフ場がおよそ2,000コースありますがその半分に短期間で導入するみたいです。

この発表があったのが2013年5月で、当初3ヶ月間は無料で各ゴルフ倶楽部に機材を提供することで実現するという、なんとも孫正義チックな戦略で実現期待が大いに高まります。

ゴルフ場にしても大幅にフロント業務の仕事が減らせますし、なんといっても瞬時に活字の顧客情報が手に入るというので、相当メリットも多いと予測されます。

楽天サイドとしては楽天会員への囲い込み等メリットは様々想像されますが、顧客にとってもいつも利用するものが便利になるだけで、会員登録以外のデメリットは特に見当たらず、まさにWIN.WIN.WINの戦略と言えますね。

このサービスが一気に普及してしまうと、楽天会員であるメリットが顧客側にも増すため、楽天市場での買い物や、特にゴルフ場予約の利用件数が一気にアップするのではないかというのが、楽天チェックインサービスが驚異的なポテンシャルがあると言った点になります。

一気に加速する楽天ゴルフのシェア

補足というか重要な事ですが、この楽天チェックインサービスはもちろん楽天での会員であることが前提ですが、別にゴルフ予約は楽天GORAでなくても構わないという点です。

今まで、ネットをあまり使わなかった層もしっかり取り込めるのではないかと感じます。

楽天は囲い込みの戦略を他にも他にも使っていますが、その一つが楽店ポイントの配布です。

ゴルフ場に楽天チェックインサービスでチェックインするだけで10ポイントとか楽天GORAで予約した時は50ポイント、予約者には全員のポイントが付くなど、今では現金の価値に等しいぐらいになってきた楽天ポイントを付与してくれるそうです。

GDOで予約してもゴルフ三昧で予約しても更にじゃらんゴルフであろうが直接の予約であろうが関係なく、ただただゴルフ場にチェックインすればいいだけというのがすごいところです。

多分このポイント分は利用料としてゴルフ場サイドに負担させていると思うので、楽天側にはメリットしか残らないでしょうし。

これも大きく楽天GORAのシェアが大きく伸びる要素になるのは簡単に予測できますね。

この手法はこれまでもソフトバンクが世界の企業に成長した原動力になったYAHOOのモデムばらまきや、ホットペッパーなどの激安クーポン戦略にも共通点が多いので、個人的に成功する確率は高いと勝手に私は思っており、今後は一気にネットゴルフ場予約のシャアを楽天が取るのではないかと感じました。

今回はなんとなく楽天ゴルフの凄さを見た気がしたので、特にこのサイトには関係がないかも知れないけどこんな長文を書いてしまいました。

この予想が正しければ、これからは楽天ゴルフで予約するのがスタンダードになってくるのと思うので今のうちから使うことをおすすめします(笑)

ということで楽天のゴルフ場予約サイトはこちらです。
楽天GORA公式サイト

楽天ゴルフのメリットなんかはここに掲載しています。
ゴルフ場予約サイトは楽天ゴルフ【GORA】がおすすめの理由

サブコンテンツ

このページの先頭へ