※2016年更新
価格と昨日のバランス優れたモデルのランキングを作りました。

最先端の便利機能まではついていませんが、必要十分な機能を備えたモデルを選んでいます。

基本的な機能は備えた機種から選んでいるので、どれを選んでも使用上問題になることはないと思います。

最も優れたコストパフォーマンスだと考える機種ランキングです。

ショットナビ ネオ2 ライト

ショットナビ ネオ2 ライト

ショットナビ ネオ2 ライト
価格 9,990円
ゴルフ場掲載数 日本全国100%
競技使用 OK
ハザード表示 あり
音声お知らせ なし
防水設計 あり IPX4
連続使用時間 15時間
重量 62g
外形寸法 49×80×18mm
備考 グリーンビュー・ハザードビュー・スコア管理・どデカ文字

2016年ショットナビPocketの正統進化版。

ショットナビPocketはGPSの中で最もヒットした商品でないですかね。コースで見る機会もかなり多かったです。そのショットナビの進化版が『ショットナビ ネオ2 ライト』

先代からの正統進化版ということもあって、基本的に誰でも簡単にすぐに使えるというコンセプトのままなのは評価に値します。

大きく進化したところはスコア管理機能が追加。グリーンビュー・ハザードビューといったより特化した画面が出来たところですね。

個人的に試してみて実際に一番良かったのは『どでか文字ビュー』です(笑)

こういう機種って朝ゴルフ場についたら電源入れて、ラウンド中はグリーンまでの距離と、ハザードまでの距離が次打地点に来ればぱっと分かる!これが基本だと思いました。

あれこれ考えず、さくっと使える『ショットナビ ネオ2 ライト』は実はGPSの中でも最安値です。間違いなくコストパフォーマンスNO1だと思いこのランキングにしました。

因みに兄貴分の『ショットナビ ネオ2』は海外コースが収録されているだけの違いなので、海外予定の人はショットナビ ネオ2にする必要があります。

NEO2liteの詳細を見る(1位)


ユピテルYGN5100

ユピテルYGN5100

ユピテルゴルフナビYGN5100
価格 17,280円
ゴルフ場掲載数 日本全国100%・海外
競技使用 NG
ハザード表示 あり
音声お知らせ あり
防水設計 あり IPX3準拠
連続使用時間 11時間
重量 88g
外形寸法 51×98×17mm
備考 スコア管理・スコプラ対応・OBライン・マルチタッチディスプレイ

2位はユピテルYGN5100にしました。値段的に少し高いですが、コースレイアウトまで表示してくれるタイプの中では一番安いです。

GPSの醍醐味は各コースのレイアウトが一瞬で確認できることにもあると思うので、レイアウト表示を選ぶならこの機種がおすすめです。また、新シリーズになってから高低差も表示されるようになっています。

上位機種にYGN6100との違いは

YGN5100
YGN6100
2.8インチタッチディスプレイ
3.6インチタッチディスプレイ
11時間使用
31時間使用
約88g
約150g

大きく違うのが画面サイズですね。使用可能時間に関しては全く充電しないで3日以上使うなら問題になってきますが、2日なら充電無しで使えました。

決定的なのはディスプレイのサイズですが、よほど目が悪い人でない限りこの画面で困ることはないと思います。っが、普段のスマフォが6インチなので、最初は少しちっちゃ!と思いましたがw

YGN5100の詳細を見る(2位)


ショットナビW1-FW

ショットナビW1-FW

ショットナビW1-FW
価格 18,360円
ゴルフ場掲載数 日本全国100%
競技使用 NG
ハザード表示 あり
音声お知らせ なし
防水設計 あり 5気圧防水
連続使用時間 8時間
重量 75g
外形寸法 17.5mm
備考 フェアウェイナビ搭載・スコアカウンター・地点登録・飛距離計測

腕時計型のショットナビW1-FWを3位にしました。

ショットナビも少し値段はするのですが、腕時計型の使いやすさと、その中でも一番値段の安いやつにしました。

このサイトでも腕時計型を一押しにしていますが、実際GDO(ゴルフダイジェスト・オンライン)やamazonでも一番売れているのは腕時計型です。

やはり、手につけておけるので、いちいちポケットから取り出したりせずスムーズに使えるところが人気の原因だと思います。

腕時計型のランキングで1位になったW1-FWはコストパフォーマンスの面でも優秀ですね。

腕時計型のランキングはこちらでまとめています。

腕時計タイプを徹底比較(ウォッチ型)

W1-FWの詳細を見る(3位)


コストパフォーマンスランキングの雑感

このランキングは結構難しかったですね。

コストパフォーマンスが良いと感じる部分は人によりかなりの差があると思うからです。

実際に僕は、ここでは第3位の腕時計型W1-FWを一番使うことが多いです。これはラウンド中にポケットとかに余り物を入れたくないというのと、基本的には初めてのコースでない限りは、残り距離がわかればだいたいOKだからです。

優先順位が、『スッキリ携帯したい』ということでの選択ですが、ある人は初めて行くコースが多いのでコースレイアウト表示が必須とか、とにかく安くて距離がわかればいいとか、考えるだけでも色々あるのが想像できます。

だから今回のランキングは少し多様に選べるようにしてみました。

自分のニーズが決まっている人は、それぞれのランキングを一度見ていただくことをおすすめいたします。

スポンサーリンク