GPS距離測定機の普及で最近レーザー式のを見かけなくなってきましたが、あまり違いがないのでしょうか?

確かにレーザー式測定器は減ってきていますね。

少し前はこのレーザー式距離測定器が結構ブームになっていまして、たくさんの人が使用していました。しかし最近はGPSナビの出現によりレーザー式はゴルフ場であまり見かけません。これは単純に性能の差というよりも、使い勝手の差ではないかと思います。性能の差というのは、距離測定の能力に限っては、実はレーザー式のほうが優れています。GPS測定器のほうはGPSの基本性能であれば5m以内の誤差、最近はこれにDGPSといって、FM波などを使って位置補正する機能があったとしても、精度はやはりレーザー式にはかないません。尚且つ高低差もレーダー式の場合は関係ありませんから正確に直線距離を測れます。

本来、厳密に距離の正確な表示を求めるのであればレーザー式を使うべきですが、最近は完璧な距離測定能力よりも、使い勝手や、レイアウト表示、など多機能、気軽さのほうが優先されてきて、もし誤差があったとしても、2~3mの誤差であればある程度許容してGPSナビを使うというのが今の流れになってきています。

GPSの誤差 DGPSとは?で現在のGPSの精度や技術について書きました。

ただレーザー式は練習場など、どこでも実際の距離を測ることに関しては優れているので、距離感を養う練習をする場面では、こちらのレーザー式を選択するほうが賢明ではないかと思います。PGAツアープロ、ガルシア選手も練習ラウンドではいまだにレーザー式を使っているのもこうした理由からです。

お手軽なハンディGPSナビで行くか、正確に距離の測定が出来るレーザー式で行くか迷うところですが、一台はレーザー式を所持しておくべきでしょう。

以下の商品がガルシア選手も使用しているという最強のスコープです



レーザースコープ
リンク先GDO

最近はノブナビAGN5500でも高低差が計れるようになってきました。
ゴルフGPS距離測定器ナビ
でも取り上げていますので参考にして下さい。

スポンサーリンク