ゴルフにおいて縦の距離が合う事はスコアメイクに大きく関わってきます。

スライスフックを治すより距離感を磨こうにも書きましたが、自分が実際にミスショットをしたか、それとも、そもそも打とうと思っていた距離が間違っていたのかを、把握できないでいると、必要以上に次のショットで力が入ったり、緩んだりとショットに集中できなくなります。

要はミスショットの原因が自分で把握していない状態では、ミスショットの確率が上がるということです。

そしてズルズルと1ラウンド後に何となく『今日は調子が悪かったなー』で終わってしまうことになるのです。

ミスの原因を絞っていくのが先決

  1. アドレスの時狙った方向にまっすぐ立てているか?
  2. クラブのスペックが自分に合っているか?

上記は一例ですがミスの原因を絞る上で、出来る限り他の原因は消すようにします。

アドレスでまっすぐ構えてない時に右へ打つミスをしたとします。

すると今のはスイングがおかしかったのか?それとも右を向いて構えてしまっていたのか?もしかしてクラブがおかしいのか?という迷いが生まれます。

クラブのスペックについても同じような事が言えます。調子が悪くなるとよくクラブを変える人がいますが、それだとミスしたときにクラブが合っていないのか?スイングがおかしくなっているのか?この場合も少なくとも数ラウンドは迷いが生じることになります。

クラブを買い替えて、より自分に合うギアを探すのも時には必要になることもあるでしょう。

しかし、ゴルフのスキルをアップしていこうと思ったら、出来るだけ迷いの要素は削除して、ミスの原因を探していくことが重要です。

迷いを少なくするためには、例えば練習ラウンドで友人や同伴者に、構えたラインをアドレスするときに見てもらったり、初めにしっかりゴルフクラブを選んだら、一定期間は使い続ける事とかがそれに当たります。

こうしておけば、少なくとも曲がった原因からアドレスやクラブの要素が減ることになり、欠点や直すべき事柄が分かりやすくなってきます。肝心な事は、ゴルフのレベルアップで、どのスキルが必要であるか?どのミスを減らす練習をするべきか?出来る限り絞り込みながら練習していくのが重要だという事です。

セルフプレーの普及によってプレー中に必要なスキルが増えている

昔はゴルフラウンドではキャディが一緒に回るのが当たり前でしたが、最近はセルフプレーが多くなってきています。金銭的に気軽に回れるようになったのは大変喜ばしい事ですが、アベレージゴルファーにとっては距離やハザードなど、今まで以上に神経を傾けて情報収集をしなくては上手くラウンド出来ない状況であるのもまた確かです。

例えキャディーをつけたとしても、今のゴルフ場はハウスキャディではなく、派遣キャディーのほうが多くなっている事から、今までのようにそのコースに熟知しているキャディがついてくれることも少なくなっています。

自分でハザードや距離測定などをしっかり把握していくスキルを身につけていくのは、ゴルファーとしては当然だとは思いますが、プロゴルファーでさえショットの前にはプロキャディが後ろに立って向きを確認している事を考えると、アベレージゴルファーは当然それよりもぶれる可能性が高くなるはずなので、より慎重に未確定要素を減らしていく努力をするべきです。

未確定要素を減らしていく為の第一歩として現代ゴルファーは、まず正確な距離感を身に付けていくことが必要です。

いつも行くゴルフ場で、比較的しっかり計測されているところでは、ヤーテージの杭で、ある程度は判断していくことが出来るのですが、どうしてもコースによっては距離表示がいい加減なところも多くあります。それに杭だけでは残り距離等が判断しにくい所から打つ機会も多くあります。

GPS距離測定機で正確な距離感を身につける練習をする

そのような時に役立つのがゴルフGPSです。

近頃の距離測定器ナビは、GPSの情報だけでなく各ゴルフ場の詳細なデータを事前に登録して、合わせて正確な表示をするものが多く出回るようになってきています。

ハザードの情報などもかなりのレベルで役立つように改良されてきており、現代ゴルファーにとってはなくてはならない道具の一つになって来ているのではないでしょうか。

自分自身の距離感を高め、ミスの原因を探っていく意味でも、まずは正確な距離を実際に知った上で、感覚とどう違っているのか?良いう練習を普段からやっておくことで、ゴルフにおけるスキルアップにつながっていくでしょう。

そのためにも各ゴルファーが、GPS距離測定器を当たり前に使う時が来たのではと感じています。

ゴルフGPS距離測定器の選び方

スポンサーリンク