海外での初ゴルフは、苦しくて楽しい思い出♪

私は一回だけですが、海外でゴルフをしたことがあります。

海外ゴルフっていうと、グアムやサイパン、ハワイが有名ですが、私がラウンドしたのは東南アジアの小さな島。

彼と一緒の旅行だったんだけど、目的は全然ゴルフじゃなかったの。

滞在中はゆっくり海を見たり、ショッピングやマリンスポーツを楽しんだりする予定だったのに、やっぱり気になるゴルフ場の看板・・。

一回ゴルフにはまっちゃうと、いつ、どこにいてもゴルフのことが頭から離れないんですよね~w

で、急遽現地の旅行スタッフに頼んでゴルフ場の手配をしてもらう事に。

ゴルフ場は1つしかなかったんだけど、マリンスポーツメインの島だから、ゴルフをやる観光客はあまりいないみたいですぐに予約できました。

で、早速翌日ラウンドすることに。

ウェアは、現地でサイクリングをする時に着ようと持って行ったアルチビオのハイネックカットソーを着ました。

これアームカバー付だから強い紫外線も防げて良いんだよね。

サイクリングに最適だな~と思って持って行ったけど、まさかゴルフで着るとは・・w

もちろんクラブやシューズなんて持っていないから、クラブハウスでレンタル。

でも、観光客もあまり来ない小さなゴルフ場だから、クラブもシューズも古いし汚い(笑)

ま、レンタルクラブやシューズなんてどこもこんなものなのかもしれないけどね~。

コースは、というと、これまたスゴイ。フェアウェイはどこ?っていうくらい全体的にボサボサ・・。

こういうのを見ると、本当に日本のゴルフ場ってどこもメンテナンスが行き届いていますよね~。

プレー代が安くてもコースはどこも綺麗ですもんね。

もちろんキャディーさんなんていないから、どんなコースかも分からずただただグリーンの旗を目指して打ちまくりましたw

蒸し暑い気候の島なので、最後には汗だくのヘトヘトに・・。スコアなんて全く覚えていません。

でも、海外でゴルフをしてる、ってことがすっごく楽しかった!!

今度海外でゴルフをする時は、事前にしっかり計画して自分のクラブとシューズでプレーしてみたいな~。

2013年11月24日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ノウハウ

スコアを縮める為に、パターを見直そう!

パッティング、得意ですか?

私は・・・下手!未だに、3パット何回もしちゃうし、酷い時は4パット何ていう時も・・

ドライバーで200Y飛ばして、アイアンもナイスショットでグリーンに乗せて、「バーディー取れるか~?!」なんて期待してる所で3パットのボギー・・なんてもう最悪すぎ!

ゴルフでは300Yも10センチも同じ一打なんだよね~。

パターの調子が悪いと、絶対スコアはまとまりません。

いくらショットの調子が良くても、3パットの連続じゃ絶対100切りなんてできない。

それに、パットが悪いと気持ちが乗って来ないんだよね。

グリーン上に行くと「あ~、又入らないかも・・」と思えちゃって、ラインも見えないし距離感も掴めない。10センチを外すこともあって、更に落ち込む・・みたいな。

だから、パットの練習って本当に大切。

プロって本当にいとも簡単に長い距離をポンポン入れているけど、本当に長い時間練習しているから自信を持って打てているんだよね。

プロの様に何時間もパター練習に費やせないけど、1日数分でもパター練習用のマットで練習すればかなりボールの転がりが良くなると思うよ~!

あと大事なのは距離感。自分で実際歩いてみて、10歩分だとこれ位の力加減で打つと良いっていうのを体に覚え込ませるの。

これも毎日の練習が1番だけど、ゴルフ場や季節によって早かったり遅かったり色々だから、朝少し早めに行って練習グリーンでその日のグリーンの早さを確認しておくっていうのも大切だよ。

それでも、引っかけたり開いたりして入らない、って時はパターを変えてみるのも一つの手かも。

パターには、ピン型、L型、マレット型、色々な形があるから、自分のフィーリングに合ったものを選ぶのが1番。

プロでもずーっと同じパターを使用している人って少ないよね。やっぱり悩んで色々変えているみたい。

少し大きめの方がボールをしっかりヒット出来るから、初心者にはおススメかも。

それから、ある程度重さを意識して打てるものじゃないと手を使いすぎちゃうから良くないよ。

これをすれば絶対入る、っていうものは無いけど、自分に合ったパターと練習で3パットを失くせばスコアもぐっと縮まるはず!

絶対って人はここみてね→ ロングパットで絶対に3パットしない打ち方

私の先生のサイトです

2013年11月24日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ノウハウ

「こんがり焼けたね~」なんてもう言わせない!ゴルフ場での日焼け対策は女の常識

ゴルフ場の敵といえば強い紫外線。

プレー中は日陰なんて殆ど無いし、そんなの気にしてたらゴルフにならないもんね。

だから、ラウンド前にかなり入念なUV対策をしてきたんだけど、それでも焼けていた私の肌・・。

ゴルフの翌日「あれ?海行った?こんがり焼けて」と言われた時はショックで膝から崩れ落ちそうでした・・。そんなに~?!

もともと地黒だからすぐに焼けちゃう体質なんだけど、日焼け止め塗ってたのに「こんがり」とは・・。恐るべし私の肌!

でも確かに普通の日焼け止めって大量に使うと手がヌルヌル、キシキシする感じが嫌なんだよね。

顔も白浮きしちゃうし、臭いも嫌いで。それに、面倒だから殆ど塗り直しなんてしてなかったの。

その結果が「UVしてたのにこんがり肌」な訳なんですね・・

ちょっと本格的にラウンド中のUVを見直そうと思って、今はゴルファー専用日焼け止めゼロホールというのを使ってます。

これ開発の段階で女性のゴルフ関係者が携わってるみたいで、女子ゴルファーの気持ちが分かってるからかなり使いやすい!

手もヌルつかないし、いやな臭いもなし。スーッと爽快感があるつけ心地だから、気持ち良くて暑いラウンド中そのクール感を求めて塗り直してしまう位。

そんなアイテムを使いながら、もちろん傘でも日差しを遮ってますよ。

UV加工のウェアで首元や腕を保護することも忘れずに!

そして、打ち終わったら素早くカートで待機(笑)

もちろん遅延プレーだけは気を付けて、打ったら日陰を求めましょう~。

女子プロゴルファーの、健康的なこんがり肌もいかにもスポーツ女子って感じでカッコいいけど、私達エンジョイゴルファーはやっぱり将来のことを考えて念入りなUV対策をしておいた方がいいと思います。

お陰で今年はあまり周りから「焼けたね~」と言われずに済んでいますよ!

これからも万全の紫外線対策で真夏でもガンガンゴルフを楽しむぞ~!

あ、それから紫外線対策と一緒に水分や塩分をしっかり摂る熱中症対策も忘れずに!

2013年11月24日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ノウハウ

ゴルフ練習場での一人練習と服装♪

毎週、木曜日は練習日って決めて練習場に通っています。

もちろん、ラウンドが決まっている時や、「このスイング試してみたい」って思った時は木曜日以外に行くこともあるけどね。

やっぱり週に1回はクラブを握って振らないとスイングを忘れちゃいそうで・・。

友達や彼、父親と行ったりもするけど、一人で行くことが多いかな~。

一人で黙々と球を打ち続けています。

私の練習は、小さめの番手から順番に打っていくという基本的な方法。

まず、サンドやピッチングのハーフショットから始めて、アイアン、ウッド、ドライバーって感じで一通り打ちます。

練習場で良い球が打てても本番で打てなければ意味がないから、ナイスショットをすることより、とにかく狙った所に打てるように調整します。

後は試したいことを徹底的に試す!

テレビのラウンド中継や雑誌のスイング解説を見ていると、「こうすればもっと飛ぶかも!」とかいうアイデアが色々浮かんじゃう。

だから、それを自分が納得するまで試してみるの。大抵上手くいかないんだけどね~(笑)

服装は、ラウンドに行くようなオシャレなウェアだと逆に恥ずかしいかも・・

でもジャージっていうわけにもいかないし、意外と周りに見られてることもあるんだよね。

トップスはゴルフ場みたいに襟付の物じゃなくても全然大丈夫だから、動きやすいTシャツとかトレーナー系が多いかな?

ボトムスはサムシングのスキニーが重宝してます。

ボールを拾ったり、かがんだりする動作をしても腰部分の浮き上がりが無くて、うっかり下着が見えちゃったなんていう失敗もなし!

こういうデザインと機能性のパンツって本当にありがたいよね。ゴルフ以外のアウトドアイベントにも履いています。

通勤にも履いていけるから、会社帰りの練習には丁度いいんだよね。

一人で打ってると止めてくれる人がいないからやめ時が分からなくて、ついつい沢山打っちゃうのが困りもの。

毎週金曜日には、若干筋肉痛で会社に向かっている私です・・。

2013年11月24日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ノウハウ

女性でも飛距離を出す方法!

私は女性の中でも距離が出る方だと思います。

平均して180Y~200Y位かな?少しラン出るコースならそれ以上行っている時もあります。

私のヘッドスピードは38位で、決して早くはありませんし、それほど体格も良くありません。

でも、距離を出す為に実践していることがあります。それは下半身でスイングをすること。

初めて間もない頃、ラウンドに一緒に行くのは父か彼氏、そしてその友達でした。

当時はまだ女性でゴルフをしている人が少なくて、同年代の女性ゴルファーなんて全然いなかったんです。

男性と一緒に回ると当然飛距離ではかなりの差をつけられてしまいます。

私は赤ティーから打っているのに50Y,60Y置いて行かれることも・・

「女だし、筋力もないからムリだわ・・」とは思ってみたもののやっぱり悔しい!

練習場でどうやったら飛距離が出せるか、悩んで悩んで悩みぬいた結果が下半身でした。

ゴルフは腕の力ではないと言います。確かにプロ達は皆体の念転を最大限に使って力を入れずにスイングしています。

私達アマチュアにはなかなかあそこまで体を捻じる動作はできないから、ある程度腕の力に頼る部分が出てきてしまいます。

でも、力のない女性は特に、腕の力に頼っても絶対に飛距離を出すことはできません。

そこで私が意識しているのは下半身始動のスイング。

トップまでクラブを持ち上げる際に、絶対に右ひざは動かしません。体の軸を意識します。

そして、切り返しの際、下半身から始動し腕の力は抜いてつられてくる感覚です。

下半身が早すぎるとクラブが開いてプッシュアウトか力ないスライスになってしまうし、腕の力を抜き切らないと引っかけたり強いフックボールになってしまうので、そのタイミングがとってもむずかしいのですが・・。

これは実際自分がやってみて、「これだ!」って感覚掴めばければ分からないと思うけど、今より少しでも飛距離を出したい人には是非実践してもらいたい方法です。

それから最近は最近下半身を強化する為にトレーニングを始めました!効果が出ると嬉しいな~

2013年11月24日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ノウハウ

女子だけゴルフのススメ♪

私がいつもラウンドに行くのは、父親や彼氏、その友達が多いんだけど、たまに女友達だけでラウンドに行くことがあるの。

ゴルフを始めた頃は、一緒に行ってくれる同年代の友達なんて皆無だったけど、最近はゴルフを始めたっていう友達が増えてきてメンバー集めも簡単になりました!

スコア重視でがっつりゴルフに取り組んでいる人や、おしゃれ感覚でゴルフを楽しんでいる人、旦那さんと共通の趣味を持つ為に始めた人、色々だけど、共通して言えることは、「女子だけのゴルフは楽しい!」

まず、朝集まってすることは写メの撮り合い(笑)

女子ゴルフの時のファッションはいつも以上に気合が入っちゃうもので、皆本当にかわいいウェアでくるんだよ~。

この前友達が履いてきたジュン&ロペの台形スカートがあまりに可愛くて、帰ってすぐ購入しました。

それまで、キュロットは履いたことあったんだけど、スカートってちょっと挑戦する勇気がなかったんだよね。

でも、インナーパンツがついてて結構安心感あるし、意外にストレッチが効いててタイトなシルエットだけど動きやすかったよ。

そんなお互いのファッションを褒め合いながら、ラウンドしてるともう楽しくて笑いが止まらない!

ラウンド中も写メを撮ったり、雑談しながらあっという間にハーフが終わっちゃう。

もちろん、後続の組に迷惑を掛けるようなスロープレーは厳禁ですよ~。

おじさん達の中には、「女だけの組の後ろか~」って良く思ってくれない人も未だにいますからね・・

食事も楽しみの一つ!ゴルフ場によってはレディースランチみたいな女性に嬉しい食事も用意されてて、ちょっとしたレストランで食事している位美味しくて素敵な時間を味わえる所も。。

そして、後半のラウンドもちょっとお互いのスコアを気にしつつあっと言う間に終わっちゃいます。

ゴルフをすると本当にその人の事が良く分かるの。

ラウンド後にはそれまでより仲良くなって、お互いのことをもっとよく分かりあえますよ。

私はゴルフを通じて、本当の仲間に出会えたって感じるくらい最高の友達ができたって思ってます!

今、平日はレディースプランがあったりして昼食付きで安くラウンド出来るゴルフ場もあるし、たまにはゴルフ場のロッジに宿泊してゆっくり女同士で旅行気分を味わいながらのゴルフっていうのもおススメ!

2013年11月24日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ノウハウ

初ラウンドのスコアと初めてのラウンドの前に覚えておくこと

初めてのコースデビュー。ドキドキワクワクしますね~。

私はもう10年ほど前ですが、ゴルフ場に着いた時のことは今でもはっきり覚えています。

私が連れて行ってもらったゴルフ場は、もちろんセルフで格安のとっても空いている所でした。

一緒に行ったのは父と彼で、とにかく初めてなので何も分かりません。

ホテルの様な受付で、住所や名前を記入して鍵を渡されて・・。取り敢えず更衣室で支度をして、コースの方へ歩いて行くとそこには素晴らしい景色が広がっていました。

整備された緑の芝生に、遠くに見える綺麗な山々。沢山の木に囲まれて本当に気持ちの良い場所だと思いました。

でも、はっきりと覚えているのはここまで・・。

その後はとにかく訳が分からず走り続けていたような気がします。

打っては走り、打っては走り。父にアドバイスを受けながらとにかく球だけを見続けて走っていました。

結局、私の初ラウンドのスコアは158。父や彼には「初めてで大したもんだ」と言われましたが、正直それが良いスコアなのか悪いスコアなのかも分かりませんでした。

殆どの人が初めてのラウンドではこんな感じで走り続けることになると思います。

景色や他の人のスコアやスイングを気にしている余裕は全くありません。

これでゴルフが嫌いになってしまう人もいるかもしれませんが、私はこのラウンドでどっぷりゴルフにはまりました。

たま~に球を芯で捉えられた時の感触。長いパットが入った時の優越感。父や彼の「ナイスショット!!」「上手い!」の声。

その心地良さが私をゴルフの虜にしてしまったのです。

初めてのラウンドに行く前に私が気を付けていたのは、とにかく真っすぐ前にボールを飛ばすこと。

距離が出なくても、トップでもダフリでもとにかく曲げないで前に打つ練習をひたすらしました。

一歩ずつでもグリーンに近づくことが出来れば、必ずホールアウトできるのです。

+8とか+9なんていう酷いスコアのホールもあったけど、1度もギブアップすることなくホールアウトできました。

ゴルフを好きになって今後ずっと続けて行く為には、まずまっすぐ前に確実に球を飛ばすことを覚えましょう。

2013年11月24日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ノウハウ

初めてのラウンドで持っていくものリスト!

初めてのラウンドには何を持っていったらよいか分からないって言う人も多いと思います。

そんな時の参考になれば、と考えられるものを書き出してみました。

まず、プレーの際に必要な道具から。

①クラブ・キャディーバッグ・・・これを忘れる人はいないと思いますが、クラブの本数などきちんと確認しておきましょうね。

②ボール・ボール収納ケース・・・ボールも池に落としたり、OBで失くしたりすることも考えて10個程持っていくのが基本だと思います。ボールの収納ケースはボトムスのベルトループに通して幾つかのボールを持ち歩けるものです。ポケットがあれば無くても問題ありません。

③ティー・・・必ず必要になると思います。ドライバー用の長い物、ショートホールで使用する短い物、自分の使いやすい長さの物を何本か揃えておきます。

④マーカー・グリーンフォーク・・・グリーン上で自分のボールの位置が分かるように置いたり、グリーンの凹凸を直す為に使用します。どちらもプラスチックの簡易的なものがゴルフ場に用意されている場合がほとんどですが、今とっても可愛いデザインのものがあるので自分の気に入ったものを使用するのもおススメですよ。

次に、自分の身に付けるアイテムや小物です。

⑤ゴルフウェア・・・トップスは襟付のものが基本です。ボトムスはハーフパンツ、キュロットタイプ、スカートなど、ジーパン以外なら大丈夫だと思います。

⑥ゴルフシューズ・・・今はスパイクレスの軽い物が多いですが、午後になると足がむくむことがあるので少し大きめの方が良いですよ。私はいつもより0.5センチ大きなものを履いていますが、丁度いいです。

⑦グローブ・・・既に練習の時から身に付けているアイテムなので、キャディーバッグに入れて持ち歩いている方が多いと思います。今は沢山のデザインの中からお気に入りのものが選べますよ。

⑧帽子・・・日差しを避けるためには必要なアイテムです。これも種類豊富なので、季節や気分によって色々なタイプが楽しめますね。

⑨着替え・・・ラウンド終了後、お風呂に入った後着替えるので持っていきます。

⑩ボストンバッグ・・・着替えやシューズなどを入れるので、すこし大きめなものを使用しています。

あとは、タオルや日焼け止め、携帯などをカートに持ち込む為に小さめのバッグを持って行ったり、飲み物や日傘なども適宜用意します。

スコアカウンターといって、手首に装着し自分が打った数を都度カウントしていく小物もあると便利かもしれませんね。

2013年11月24日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ノウハウ

レッスンは受けた方がいいの?

レッスンは受けた方が良いのでしょうか?

私は「受けられる余裕があれば受けた方が絶対に良い」と思います。

ただ、レッスンを受けるならきちんとした実績にあるプロでなければ意味がないと思っています。

そして信頼できる指導者にレッスンを受けている間は、絶対に誰の言う事も聞かないことが重要です。

ゴルフのスウィングって本当に人ぞれぞれで、私も今まで「こうした方がもっと良くなるぞ」と何人の人に言われたか分かりません。

その方法やスタイルは皆バラバラで、中には「たとえ良くなってもそのスイングだけは真似したくない・・」と思うような独特のスイングの人もいました。

ゴルフって始めると自分より下手な人に教えたくなるものです。そんなにゴルフ歴やスコアが変わらなくて、自分も大して上手くないのに他人のスイングがどうも気になる・・

で、ついつい「こうした方が・・」ってアドバイスしたくなっちゃうんです。

でも、そんなのいちいち聞いてたら絶対上手くならないし、その人だって暫くすると自分のスイングが分からなくなって悩んだりするんです。

だから、いかに早く自分が自信を持てる、自分だけのスイングを作り上げることができるかっていうのが大切なんですね。

始めた頃、スイングの基礎が分かっていないとどうしても腕だけで飛ばそうとしてしまいがち。

手でクラブを振り上げて手で下ろす。これでは全く飛距離は出ないし、安定したスイングにはなりません。

クラブの特性や自分の体の特徴を知って、そのクラブと体の力を最大限に引き出すにはどんなスイングが良いのか。

そういうことをしっかり教えてくれる指導者にきちんとレッスンを受けることで、自分のスタイルが確立してくると思います。

ゴルフは悩むスポーツです。全てが噛み合って「ゴルフって簡単!」と思った次の週には酷いスコアで「ゴルフって難しい・・」と落ち込むこともしばしば。

そんなときでも、レッスンで自分のスタイルがしっかり構築されていれば、すぐに又調子の良い時のスイングが思い出されるでしょう。

ま、レッスンに通うだけでは絶対上手くなりませんから、後はどれだけ自分が沢山練習してスイングを体に覚えさせるかに掛かってくるのでしょうけど・・

2013年11月24日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ノウハウ

ドキドキのコースデビュー!気を付けるべき事は

コースデビューは誰でも緊張するものです。

特に後続の組の人たちが見ている朝一のティーグラウンドなんて手が震えて球が打てないかも?!

でも、心配しなくても大丈夫!誰も上手く打てるなんて思ってないですから~。

初めてのラウンドでいきなり100を切ったなんていう人もたまにはいるかもしれないけど、大抵は訳も分からずただ走って終わるはず。

それでいいんです。走って走って走りまくりましょう!

コースデビューの際は、気心の知れた家族や仲間と一緒に行くのが普通だと思います。

色々分からなくて質問したり、遅くなって迷惑を掛けることもあるので気楽な同伴者と行くべきです。

そして、なるべく混んでいたり敷居の高いゴルフ場は避けて、安いセルフの空いているゴルフ場を探したほうが良いです。

もし混み合っている場合などは、可能なら後ろの組に初ラウンドであることを伝えておいたり、予約の際、後続組の来ない1番最後に予約をしたりする配慮も必要かもしれません。

本格的なラウンドデビューの前に、ショートコースで大体のゴルフの流れを把握しておくというのもおススメです。

そして、いざ初ラウンドを迎えたら常に2,3本のクラブを持ってボールへ向かいましょう。

たまに、初心者と思われる前の組の人達が、1本しかクラブを持たずボールを打って、又カートへ戻りクラブを変えてボールへ向かい・・なんてやっているのを見るととてもイライラします。

下手でもいいんです。上手く打てないのは当たり前です。

でも、そんな時数本のクラブを抱えて走っている人を見ると「急がなくてもいいよ!頑張れ!」って応援したくなっちゃうんですよね。

きっと皆同じ気持ちだと思います。

だって、ゴルフ歴30年以上のシングルプレーヤーだって、初めてのラウンドが必ずあったんですから。

ゴルフをしている人は皆初ラウンドを迎えた人の気持ちを知っているんです。

だから、とにかく皆に迷惑を掛けないように一生懸命走っている姿を見れば、誰だって応援したくなります。

おじさんの中には、まだ若い女性がゴルフをしているのを珍しく思っている人もいます。

そんな人達にも「若い女子でもマナーを守って一生懸命プレーしているんですよ」っていう姿を是非見せてあげましょうね!

2013年11月24日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ノウハウ

このページの先頭へ