質問を頂きました。

テークバックでインサイドに引きすぎて困っています。

スイングプレーンに沿って上がっているかも疑問です。

良くラウンド中に上級者に、インサイドに引いているから、チーピン(極度のフックボール)かスライスボールが出るといわれます。きれいなスイングの人はしっかりスイングプレーンに沿ってテークバックができており、うらやましいです。

どのようにすればテークバックが上手くプレーンに載せれるようになりますか?

G.K様御質問ありがとうございます。

テークバックでプレーン上に乗らずインサイドに引きすぎるという事でしたが、これには各種要因が絡んできますので、基本的にはテークバック編でお勧めしているテークバックを、そしてグリップを身につけられるのが一番です。

テークバックの基本は≫ゴルフスイングでのテークバック
グリップを決めるなら≫貴方に合ったグリップはどれ?

という事で以下に考えられる原因から治し方まで書いていきます。

手で上げすぎているのが最も多い要因

テークバックがプレーンを外れる一番多い原因は、やはり横振りのイメージが強すぎるときです。

もしくは違う言い方をすれば、腕のイメージが強すぎるとそうなりやすいでしょう。

手だけで振る場合どうしてもインサイドのスイング軌道になりますので、出来るだけテークバックを体幹で行う意識でやってみてください。

体が主で腕が従の関係です。

それでは実際にどのような方法で身に着くか説明していきます。

まず腕を真上に上げる素振りをしてくださいこの時コックや他のいろんなことは考えず、まき割りのイメージでアドレスしたまま真上に振りかぶる感じです。

腕の動きとしてはこれだけです。

この時ほとんどのゴルファーは違和感を覚えると思いますが、それで大丈夫ですので体に覚えさせてください。

それからあとは手の動きはこれを再現して、普通にテークバックしてください。

これでバックスイングのクラブ軌道がきちんとプレーンにのってきますので、最近の高性能携帯ででもビデオに撮って見てください。

この録画するというのは非常に大事でして、実際の頭の中でのイメージとずいぶん違いがあると思います。

しかし、このときイメージと現実がずれがなく、かつプロのようなきれいなスイングプレーンを作れているのであれば、実際にショットはかなりのものでしょう。

しかし現実に思った通りにもしくはそれに近いぐらいのショットができていないのであれば、何かがおかしいというのが大前提です。

練習するときにイメージが初めはわかないくらいがちょうど良い位で、スイングの練習をしていくのが上達への早道になります。

スポンサーリンク