アプローチショットのテクニックはたくさんありますが、大きく分けると3種類に分類できるかと思います。
まずは基本の打ち方と特徴を理解して、その後の高度なアプローチに対応できるようにしましょう。

アプローチの基本的な種類

  1. ランニングアプローチ
  2. ピッチ&ラン
  3. ロブショット

3種類の違いはボールが上がる高さと、ボールが落ちてからのランの距離になります。
アプローチショットは大体この3種類の打ち方を覚えていれば対応できます。
イメージをつかむために、キャリー(ボールが上がる)とランの距離との比率です。

  1. ランニングアプローチ 2:8
  2. ピッチ&ラン  5:5
  3. ロブショット   8:2

まずは転がすのをメインにするランニングアプローチ、上げて転がすのピッチ&ラン、大きくキャリーさせてボールをあまり転がさないロブショット。
という様に基本的に転がす打ち方と、ゴルフボールを上げる打ち方、その中間となり、お分かりのように、転がし、上げ方を覚えておけば、どのようなアプローチも対応していけます。

厳密にいえば、スライス回転をかけたり、フック回転、転がりの良い打ち方、スピンコントロールと幅広く技術は存在しますが、全てこの基本形から覚えていくと大丈夫です。

転がすアプローチからまず考える癖をつける

グリーン上でパターを使う場面ですが、多くのゴルファーはダフッタリ、トップしたりといった明らかに大きなミスをする人は少ないと思います。しかしアプローチになると途端に多くのミスをする人が増えます。多少オーバーや、ショートは仕方ないにしても、グリーンにすら乗らない状況というのは、やはり回避しなければいけません。

どうしても、ゴルフボールをキャリーさせようとすると、ある程度の振り幅を必要としますし、スイングも余計な動作が増え、ミスを誘発しやすくしてしまいます。

ランニングアプローチの打ち方でも書きましたが、まずは転がせるところは出来るだけ転がせるクラブ、打ち方でアプローチしていくというのを、基本的な考え方として理解しておいて間違いはないでしょう。

エッジまでの距離とそこからの距離を考えてアプローチしていく

転がしを基本的に考えるアプローチですから、まずはグリーンに乗せてからは、全て転がって寄っていく打ち方を選択するのがベストな選択になります。

例えばグリーンエッジまで4ヤード、ピンまでは25ヤードとした場合、ランニングアプローチで、キャリー5ヤード、ラン20ヤードとしてアプローチしていきます。
次にグリーンエッジまで12ヤード、ピンまで25ヤードとした場合は、、ピッチ&ランで考える。
エッジまで20ヤード、ピンまで25ヤードはロブショット。

というように、出来るだけエッジから1,2ヤード以内にボールをキャリーさせ、そこから転がっていく様に考えます。

ボールを上げなければいけない状況というのはそんなに多くない

コースによっては状況が違うので一概には言えませんが、ほとんどのゴルフラウンドで、ロブショットを打たなければいけないアプローチの状況というのはそんなに多くはないと思います。

良くやりがちなミスとしてあげられるのが、必要以上に上げるショットを打とうとしてしまう事です。グリーン手前にバンカーなどのハザードがある場合、そのバンカーを超えるキャリーは必要ですが、高さは必要に応じて変わってきます。
エッジからピンが近い状況では、どうしても高さも必要になってきますが、そうでなければ上で述べたようにグリーンエッジからの距離で高さを考えるべきです。

ですが目の前にある障害物、ハザードに気を取られ過ぎ、必要以上な高さを求めてショットしてしまうのです。

こういう状況では、どうしてもはハザードに意識が行きがちになり、プレッシャーがかかり、スイング中上下動がしやすくなります。
初めのうちは、まずはピンに寄せる事よりも、グリーンに乗せる、もしくは障害物を超える事に意識を集中させる事で成功しやすくなります。アプローチが上達していくにつれ、自信が出てきますので、徐々にピンに寄りやすい打ち方で攻めていっても遅くはないでしょう。

まずは転がせる距離を多くするアプローチを選択していく事で、ピンによる確率が上がり、ミスの幅が狭くなります。

また、グリーンに乗ってから転がる事で、ラインの感じもつかむ事が出来るという様に、出来る限り転がせるアプローチを選択しましょう。

ここで挙げたのは基本のアプローチショットで、たとえば転がすにしても、フェアウェイウッドで打ったり、パターで打ったりと、さまざまな対応があります。

しかし、この上げる、転がす、エッジまでの距離、グリーンに落ちてからのランの距離を確実に自分のものにする事で、考え方の方向性がミスの少ない、より優しい方向へと向かってきますので、しっかり基本をマスターして、ゴルフの上達に役立ててください。

ランニングアプローチの打ち方
ピッチ&ランの打ち方
ロブショットの打ち方

スポンサーリンク