ゴルフのスイングを練習していくと、色々と考えすぎてだんだんと不自然な体の動き方になってしまします。
ほとんどの男性なら、子供の時にボールの投げ方を教わったりしなくても、なんとなくボールを投げれたと思います。

テークバックはこう、あるいはトップはこの位置まで持ってくるとか考えてボールを投げた人はおそらくいないんではないでしょうか?

もちろんそこから野球を本格的にやっていくと、フォームの改善を習っていき、意識的にフォームを変えていくのはあります。

このように誰しも基本的な投球フォームは、投げる動作は自然と覚えていくのです。

ゴルフにおいても然りで何も考えずある程度は打てると思います。

しかしそこから、より正確に打つ、曲げないように打つとか考えだし、その集大成が自然の摂理から大きくかけ離れた、なんとも不自然なフォームになっている方がいます。

もう一度原点に帰りナチュラルなフォームに戻りたいところです。

だれでもできるコンパクトトップの作り方

ここで参考になるのはやはり投球フォームです。

そこで、野球の投げる動作からまずは自然なトップの位置を取り戻しましょう。

まずは上投げでボールを投げる時を再現してみます。
その投げる動作の時に注意点として、手首のスナップだけを聞かせて投げるのではなく、腕全体をしっかり振って投げるように意識して下さい。

そしてそのボールをリリースする直前の位置で体を止めます。
その右手の位置に、左肩を回して、左手を持っていき、そこでグリップの形を作ります。

するとそこで出来た形が、あなたが最も自然にできるトップの形になります。

この位置でトップを作ると殆どの人が、無駄に上体に力も入らず、肘が上がり過ぎもせず、自然な上体のトップになります。

この状態を何度も確認し、体で覚えていけば、自然と最高のトップが出来てきます。

まずは自分の一番自然なトップを思い出しましょう。

スポンサーリンク