前回までのテークバックまでは出来たでしょうか?前回⇒テークバック編

少し復習して下さい。今回はトップの位置からどうやって打っていくか?を考えてみたいと思います

まずトップの位置を確認して、きちんとグリップエンドは胸の(体)正面を向いているか?

これが出来ていたら正しい位置に上がっていると考えられますので、今度はそこから下ろしていきます。

ただ下ろすだけ。それが出来るかが問題です

まずトップの位置から顔を右に向けて下さい。ハイそうですただ体をねじっただけの状態になります。

そしたらそのまま他はすべて動かさないで、腕を真下に下ろしてください。右向いたままです。

そうですこれがダウンスイングです。

注意点というか始動の感じが分からない人はこっちに書いています
ダウンスイングでハマりやすい3つの特徴

簡単なんです実は。動きのメカニズムとしてはゴルフのスイング中ずっと、腕は体の正面で上下に動いているだけなのです。

しかし連続でスイングをみると野球のように横に振るイメージに見えてしまうんですね。

野球経験者なら昔バッティングも上からボールをたたきつぶすように打てと教えられたかと思いますが、そんな感じです。

野球ではこの理論も少し昔の理論になってしまっているのですが(最近はよりレベルスイングに)、素人が良く打つときにあごが上がってあおったようにフィニッシュしてしまっている人には今でも効果的です。

ゴルフのスイングは地面にボールがありますのでよりレベルに振るという事は、野球のバッティングより上からたたく位のイメージでちょうど良くなります。

薪割りというか、スイカ割りというか、上から地面を思いっきり叩くイメージです。

さてイメージとしては、右足の横(1m位横)にリンゴ(薪でもなんでもいいですが)があったとしてそれを地面に垂直に叩き切る感じです。

振りおろしてみて大体初心者ゴルファーはリンゴが斜めに切れます。(実際には切りませんが)

この状態はいわゆるあおり打ち、下からすくってる!という良くいわれる奴です。

右向いたまま真下に腕を振り下ろすのを繰り返しリンゴが地面に垂直割れたイメージが出来てきたら。今度はゆっくり腕を振り下ろしながら、体を元の構えた位置まで戻していきます。

そして正面に向いたときに腕が元の構えた位置になっている感じです。

これを連続して連動してできるようにゆっくりでいいので反復してみて下さい。クラブがなくてもイメージで大丈夫です。

それから、実際にスピードアップしてやってみると、思いっきり腕を振り下ろし、そして正面に体を勢いよく戻すとそのまま正面では止まらず、フィニッシュまで行ってしまようになります。実は。

昔は良く、フィニッシュの位置決めてそこにスイングしなさいと言ってましたが、フィニッシュはあくまで結果ですので勝手に収まります。

これで一連のスイングは基本的には完成です。フィニッシュまでのイメージもあるのですが、これは又中級編ででも書いていきますね

実はフィニッシュまでのイメージで球筋コントロールすることができるので、そのうち書きます。

スポンサーリンク