左サイドの壁を作る方法

インパクトで左のひざが動いてしまったり伸びてしまったりすると、ボールが捕まらなくなったり、トップやダフリの原因にもなります。

そこで左ひざはインパクトまで出来る限り動かないようにスイングする必要があります。
この左の膝を動かさない、左のつま先をめくらないというのに有効なドリルを紹介します。

まず練習場でに置いてあるゴルフボールのかごを使います。

最近は自動でゴルフボールが上がってくるので、カゴがない場合は、シューズケースとかでも構いませんが、あまり低いよりは30cmぐらいの高さのもので代用して下さい。

それを、アドレスした状態で左足だけ籠の上に乗せます。
ちょうど左足上がりのライみたいになると思います。

今回は左足上がりのライの練習ではなく、左サイドが流れたり、ひざが動かないようになるドリルですので、構えた状態で左足はぐっと曲げ、肩、腰をまっすぐ(地面に平行)に構えます。

この状態ですとかなり不安定な状態になると思いますが、そのまま、特に左足(籠)を動かさないように軽ーく素振りをしてみて下さい。

結構素振りをするだけでもしんどいと思いますが、頑張ってスイングします。
ある程度左が動かないで素振りが出来るようになってきたら、今度はボールを打って下さい。
この状態でボールを打ってスライスするようなら、多分左足が動いているか、左ひざの曲げ方が不十分で、肩、腰が平行になっていないことが考えられますのでしっかり球筋を確認してください。

そうして、球筋がフック回転のドローボール、もしくはしっかり捕まったストレートボールになってきたら成功です。

自然に捕まったドローボールが打てるようになる

ここで体感してほしいのは、しっかりフック回転がかかったボールを打った時に、思っているより左サイド、腰、ひざがしんどい事と、手だけが体の左に飛んでいくような感じです。

実はこのドリルでは左ひざは自然と固定されるのですが、それ以上に腰の使い方を覚えるのに有効なドリルなのです。

ボールをしっかり捕まえられない、スライスボールが出る、ゴルフの飛距離が出ない等の症状のある人は、たいてい左側の腰が伸びあがってしまっているのです。

腰がきちんと押さえられて回っていれば必然的にボールは捕まるようになります。
腰の動きについてもう少し説明すると、椅子に腰かけて、地面と平行に左を向くと腰が回る感じです。

このドリルをしっかりやるとボールが捕まり、自然にナチュラルドローが打てるようになり、飛距離が伸びるようになります。

スポンサーリンク