ゴルフにおいて自分の持ち球をしっかり持っていることはたいへん大きな武器になります。
このあたりはこちらでお話しました
曲がる方向を一方向にするとぐっとスコアが良くなる

又、思ってもない、いわゆる逆玉が出るのは、致命的なミスにつながりかねません。
そこで今回は、ドローボール、フェードボールの打ち分けが自然にできるようになるドリルです。
それも難しいことを考えることなく、自然に打ち分けられる様になる、お手軽ドリルです。

※距離を最初に把握しておくことも重要です。
ゴルフGPS』でまとめています。

打ち分けは簡単。自然に覚える。

まずはドローボール(フックボール)の打ち方を覚えていきます。
練習場では必ずマットの上から打つと思いますが、たいていの場合そのマットのセンターからボールを打つのが普通です。

これを今回は自分がスタンスしたところから一番遠い位置(奥側)、後ろから見た場合の右側ギリギリにボールを置きます。
こうすることで、マットの手前側に大きくスペースが空くことになります。
この状態で後は普通にボールを打つだけです。

これだけでドローボールに必要な、インサイドアウトのスイングが自然にできるようになります。

奥側はマットがないので、マットにあたってしまうという感覚が働き、自然にマットに当たらないようにスイングしてしまいます。
これは人間の自然な本能なので、意識しなくても、手前のスペースがたくさんある側からヘッドを入れていくようになります。

インサイドアウトにヘッドがしっかり入ってきますから、ドローボール(フックボール)が打てるようになります。

フェードボールはこの逆になります。
構えた時自分に近い側ギリギリにボールを置きます。ポイントはマットのギリギリに置くことになります。その方より意識が集中しやすいです。

今度は逆にマットの奥側にスペースが出来る事になります。
この状態でスイングすると、手前から少しでもヘッドが入るとマットにあたってしまうと思い、広い奥側からヘッドを入れようと自然になります。

その結果、スイングがアウトサイドインの軌道になり、ボールにスライス回転がかかりフェードボール(スライス)が自然に出るようになります。

お手軽だが効果抜群の視覚による練習法

今回のドリルは特に何かを意識的に変えなくとも勝手にできる練習方法です。
マットの上でしっかりとこのドリルを繰り返すと、インパクトをゾーンで捉えることができるようにもなります。
ドリルで得た感覚をしっかり覚えて、コースで再現するのが一番重要です。

フェードボール、ドローボールが出た時のスイングの感覚をしっかり覚えておいてください。
それをマットの真ん中にボールを置いても、再現できるようになれば、実践でも自在に曲がる方向を打ち分けられるようになります。

スポンサーリンク