左肘の使い方のうまい人は、スムーズにスイングが出来ます。
トップの写真を切り取るとどうしても左腕(左ひじ)が伸びたように見えてしまうため、それを再現してしまい、特に左ひじを突っ張ってスイングしてしまう人をよく見かけます。
しかし腕はゴルフクラブと、体の重要な連結部分ですので、この部分が固くギクシャクしてしまっては、スイングが不自然になってしまうのは分かると思います。
しなやかに、連結部分が動くことが非常に重要です。

よく、上体に力が入っていると言われる人は、左ひじをリラックスさせるようにしてみてください。
柔らかく連結部分の腕を使えると、スイングのスピードが上がってきます。

テークバックからトップの位置まで、左ひじを伸ばしきる必要はないのです。
スイングしていくと遠心力が働くので、一部を切り取ると伸びたように見えるかもしれませんが、それはあくまでも結果であって意図的に行わないようにする必要があります。

ヘッドスピードが自然に上がる肘の使い方とは?

クラブのヘッドスピードを上げる、正確なオンプレーンスイングをするには、クラブがスムーズに振れることが重要です。
もう一つスイングのアークが、左右対称になっている必要もあります。

基本に忠実なスイングとは左右対称のスイングですので、それを実現するドリルを行います。

まずヘッドをしっかり走らせることだけを意識してクラブを振ります。
この時、腕のローテーションだけを意識して行います。
ボールがあるとどうしても当てに行くので、できれば素振りで行います。

テークバックではしっかり右腕が曲がり、フォロースルーにかけては左ひじが曲がっていくのを感じるようにしていきます。
このように意識的に肘を曲げていけば、腕の力が自然に抜けていき、スムーズなスイングが自然と身につきます。

スポンサーリンク