バンカーで目玉、いわゆるボールがめり込んでしまった経験は皆さんあると思います。バンカーでの目玉にもいろいろな種類がありますが、基本的に打ち方は同じで行けますのでしっかりマスターしましょう。

バンカーショットの基本的な打ち方はこちらです。
バンカーショットの基本的な打ち方


完全にボールが沈んでいる、半分ぐらいボールが沈んでいる、クレーターの真ん中にボールがある、このどれでも基本の打ち方は一緒です。
普通のバンカーショットはクラブヘッドのバンスを爆発させて打つ事で脱出を図りますが、目玉の場合はそれではボールが出てきません。

目玉の場合は砂にリーディングエッジ(刃)の部分から入れていくようにします。スタンスはオープンでボールは少しだけ右足よりにおきます。
そして体重を出来るだけアドレスから左にかけ、その体重配分をキープしたままスイングします。足の位置はオープンに構えますが、体(肩のライン)はあまり開かないように、目標方向へ真っ直ぐ目に構えるようにして下さい。

その体のラインに沿って振っていきます。いつものスイングより少しアップライトに振り下ろし、ダウンスイングでの入射角の分、ボールが反対に上がるイメージになります。
間違ってもボールを上げようとする動きをせずボールの手前の砂に向かってエッジを打ち込む感じにします。

普通のバンカーショットとの違いはボールが上がりにくい事と、飛距離が出ない事になります。

ですので、深く刺さっている場合や、クレイターが大きい場合などは特に無理せず、脱出が第1の目標になるのを忘れないようにします。バンカーから出ればラッキーという気持ちでいるくらいで、成功率は上がります。

スイング幅も、フルショットに近い幅になりますので、特に下半身がしっかり固定してスイングできているか、事前の素振りで確認しておいてください。

リーディングエッジが刺さる格好になりますのでフィニッシュは高くは上がりませんので低くフォローを出す感じでOKです。

目玉は特殊な状況と割り切ろう

通常のバンカーショットと違って、目玉はトラブルの類に入ります。ここから無理すると、より状況を悪くする可能性が高い状況だというのをしっかり認識しておくほうが良いです。

たとえボールが出ても、飛距離がコントロールしにくいことから、ピンによる確率も下がります。またグリーン面に直接ボールが落ちると、砂との抵抗で全くスピンがかからず、ボールが止まらない状況になるのも特徴です。尚クレーターのようになった場合でも上記の打ち方で良いですが、そのクレーターの外周に向かってクラブを入れていくことになりますので、大きいクレーターの場合ほど難しくなります。

スポンサーリンク