ドライバーアイアンの番手別の飛距離がどれくらいなのか?気になる方も多いと思います。
最近では、ストロングロフトのアイアンが主流になってきているので、昔よりも各番手の飛距離が伸びている傾向にあります。
まずは平均的な男性ゴルファーの番手別の距離をみていきます。

クラブHS~40HS42~45HS45~
1W210230250
3W190215230
5W180200215
7W170185200
3I165180195
4I155170180
5I145160170
6I135150160
7I125140150
8I115130140
9I105120130
PW95110120
AW8595110
SW7580100

概ね上の表のようになっています。
上記の表は2005年頃のデータですので、今はもう少し各クラブの飛距離は伸びていると思います。
又、各番手の飛距離はヘッドスピードだけで決まるものではありませんので、およそこのぐらいが平均値だという見方で良いと思います。

ヘッドスピードが飛距離を決める?

一般に女子プロゴルファーの平均ヘッドスピードは41m/s~47m/sぐらいと言われています。
しかしドライバーの平均飛距離は250ヤードぐらいになっています。

ここで興味深いのは、アマチュアゴルファーよりもヘッドスピードが遅くても、アマチュアよりも飛ぶという事です。
どうしてこのようなことが起こるのでしょうか?

答えは簡単で、飛距離というのはヘッドスピードだけで決まるわけではないという事です。

飛距離を決めるのは、ヘッドスピード*スピン量*初速という要素で決まってきます。
この中でアマチュアゴルファーとプロゴルファーの一番の違いは、スピン量になります。

女子プロの平均スピン量(ドライバー)は2500回転なのに対し、なんとアベレージゴルファーの平均値は4000回転にもなっているのです。
およそ2倍の違いになります。
この違いがボールの推進力を妨げる要因になっているのですね。

ボールの初速もミート率で変わってくるので影響もあるのですが、アベレージゴルファーがヘッドスピードの割りにはボールが飛ばないのは、スピン量とミート率の方が要素としては大きいですね。

各番手間の距離の間隔のほうが大事

ここではどうすれば効率良く飛ばせるかではなく、各番手の理想の距離についてのほうが重要と考えます。
飛ばすことよりも毎回同じ距離を安定して打つほうが、絶対にスコアは良くなるというのを認識しておいたほうがいいです。

飛距離よりも、各番手の距離の間隔は一定であるほうが望ましいという事ですね。全番手で10ヤードずつ刻むとか、15ヤードずつ刻むとかそういう事です。

番手間の距離を一定にすることのメリットとしては、間の距離を打つときに安定して打ちやすくなります。

あまり間隔が大きく開いているところがあると、その間の距離を埋めるショットが難しい物になってきます。

シャフトやクラブスペックを選ぶ際は、各クラブのつながりを重視して、出来るだけマイルドに飛距離が変わるような選び方をするほうが良いでしょう。

思っているよりも飛ばない

最初の表を見てみると多分ほとんどのアマチュアゴルファーが「そんなに飛ばないのか?俺もっと飛ぶと思うけど?」と感じるかと思います。

実際私もヘッドスピードが42前後で7番アイアンの飛距離は150ヤードと考えて今までやって来ましたが、それは会心のショットを打っった時であって、少し薄く当たった時とかは多分150ydいきませんね。

けれど周りのゴルファーに7番アイアンの飛距離を聞いてみると、ほとんど150ヤードという返答が帰ってきますが、7番アイアンで平均して150ヤードを打つにはヘッドスピードで45ぐらいの人になります。

最近のクラブの性能が上がってきているので、もう少し低くても飛ぶかもしれませんが、やはり私のヘッドスピードでは飛距離は150ヤードはナイスショットで何とか飛ぶ距離になると思います。

最高のショットをした時の距離を自分の飛距離にしてしまいがちですが、そこそこの距離も平均して測ったほうがコースでは役立ちます。

更に考えたいのは番手が上がるに連れて、総飛距離に対してランの割合が高くなるということです。
例えば3番アイアンの飛距離が190ヤード、4番アイアンが180ヤードだとしても、ランの割合が3番アイアンのほうが長くなるだけで、ボールの落ちどころはせいぜい5ヤード違うといったくらいにしか変わりません。

ボールが落ちてからの転がる距離が変わるので10ヤードぐらい総飛距離が変わるということです。

この飛距離と各番手のランの割合をしっかりと把握しておかないと、打ち上げや打ち下ろし、天候等によっては大きく飛距離を見誤ることになるので、しっかりとランと飛距離の割合を日頃から把握しておくことをおすすめします。

正確な飛距離を知るにはこちらです。
ゴルフGPS距離測定器ナビ

スポンサーリンク