パッティングでスコアが決まるといってもいいぐらい、パッティンは非常に重要な要素になってきます。
まずはパッティングの基本的な打ち方をしっかり身につけ、スコアアップに繋げて行きましょう。

基本的なパッティングの仕方

まずはハンドアップにしてヘッドを少し吊るように構えます。
この時に肩と腕の形が五角形に夏用にします。
あまり肘を伸ばしすぎて、三角形になり過ぎないほうが力が抜けやすく、正確性が増します。
そしてこの五角形の形をできるだけ崩さないようにストロークしていきます。

パターのストロークは左右対称というのが理想的と言われていますが、実際にプロのストロークを分析した記録を見ても、ややフォローのほうが大きくなる傾向にあります。
アマチュアゴルファーは、特にフォローを大きくとるストロークを心がけることによって。ボールの転がりが良くなりますので、意識的に大きくするほうが、結果が良くなります。

ストローク中、五角形の形を崩さないのはもちろんですが、特に左手の角度に注意します。左手の手首がストローク中変わらないように、アドレスした時の角度を、できるだけ崩さないようにします。

パターの基本は、左手で方向性を決定し、右手は、距離、すなわち推進力としての役割を持ちます。車で例えると左手はハンドル、右手はエンジンみたいな感じになりますので、この左手の角度が変わると大きく方向性が損なわれてしまいます。
両方の手の役割をしっかり理解して、意識的にストロークする必要があります。

左手は方向性を決定づける役割ですので、左手甲がしっかりと目標方向を指すようにして構える必要があります。
そして左手甲の向きを意識しながら目標方向に対して真っ直ぐに引き、真っ直ぐに押し出すようにします。
左手甲がストローク中、常に目標方向を向いていることをイメージしてください。

左手はこのように非常に重要な役割を担っています。よって左手の手首がストローク中に変わってしまうというのは、まっすぐ目標方向にボールが転がりません。
また、グリップするときには左手はしっかり握り、右手はソフトに握るほうが、より安定したパッティングできるようになります。

右手は距離感を出すのに使います。この距離感というのは、非常に感覚に頼る部分であるだけに、特に器用な右手にその役割を任せるようにするのです。

アドレスした段階で、左手甲で方向をしっかり合わせておき、動かないようにしておけば、その時点で、方向を合わせる作業は終了しています。
ですので、アドレスが終われば、距離感を出すことだけに集中することができるようになります。
これがしっかりできると、パットは、距離感を出すことだけになるので、プレッシャーにも強いストロークが身につきます。

グリップについてはこちらパターのグリップ

リラックスしていればパッティングは簡単

最後にパッティングは非常にメンタルの影響が大きく出てしまいます。
そこで、出てくるプレッシャーに打ち勝つことができるか、もしくはプレッシャーを感じずに打てることが出来れば、大幅にパットの入る確率が上がります。
パッティングはリラックスした状態で打てば、技術的にはそんなに難しいショットではありません。

プレッシャーをできるだけ減らす方法としておすすめなのは、プレショットルーティーンをしっかり身につけることです。
どんなパットの時でも、ルーティーンを確実にこなし、同じ手順でパッティングに入ることでリラックスした状態に近づけます。

代表的なルーティーンはラインを正確に読んだ後、一歩下がってそこで距離のイメージを出す素振りを2~3回行います。
その後右手だけで、ラインに対してスクエアににヘッドを合わせ、左手に持ち替え、もう一度正確にグリップします。
それから、右手を軽く添えるようにしてグリップの完成です。

プロゴルファーの中にも多様なプレショットルーティーンを持つ選手がいるので、トーナメント観戦などでルーティーンをしっかり見て自分に合うルーティーンを見つけましょう。

スポンサーリンク