前回グリップの種類について書きました。


パターについてはこちら

ゴルフクラブを握るグリップは大きく分けるだけでも3種類ありますし、手のひらで握り込むパームグリップや指で握るフィンガーグリップなど、細かな違いも入れればそれこそ千差万別です。

今回は少しでも自分にあったクラブの握り方、グリップを見つけるヒントになればと思い、大まかな特徴やメリット・デメリットなどを紹介したいと思います。

ある程度の特徴がわかってくれば、後は自分で工夫しながら自分にあった最適なグリップが見つかると思います。

インターロッキンググリップに向いている人

インターロッキンググリップ

インターロッキンググリップの最大の特徴は手首(特に右手)が大きく使えなくなることです。

最近このインターロッキンググリップを採用するゴルファーが増えてきたのは、ゴルフクラブの変化も大きく関係しています。昔のゴルフクラブは手首を意図的に返したり、悪く言えばこねないとしっかりと飛んでくれませんでした。

しかし、近年のゴルフクラブはかなりの進化を遂げており、クラブがオートマチックに働いてくれるようになっています。人間が余計なことをせずに素直にクラブに振られることが、実は効率よくクラブを使うことにつながっています。

ですので、スイング中出来るだけ余計な動きをしにくいように、インターロッキンググリップを使って、手首の動きを極力抑えるようにすると効率が良くなります。

力の強い男性などは特に恩恵に授かれるグリップです。よく飛ぶけどスライス・フックと曲がりが大きい人(横スピンが大きい人)は一度試してみる事おすすめします。

他にも、逆にオーバーラッピンググリップではしっかりグリップできないような、女性や子供にも向いています。しっかりとグリップをロックできるので、グラグラしないようになります。

ジュニアゴルファーなんかは小さな頃からインターロッキンググリップでゴルフを覚えるほうが絶対にいいと思います。変な癖もつきにくくなりますからね。

デメリットは特に見つかりませんが、手首を細かく使ってアプローチなどのショットをしている人は、動きが固定されるのでデメリットになるかもしれません。

メリット 手首の動きが限定的なので、グリップのブレが少ない。
デメリット 細かな感性でスイングしたい人は、逆に手首を固定しているのでしにくい。
こんな人に向いてる 力の強い男性や、逆に弱い女性・ジュニアゴルファー。
スピン量の大きなゴルファー。

オーバーラッピンググリップに向いている人

オーバーラッピンググリップ

オーバーラッピンググリップの特徴はインターロッキンググリップの反対ですね。

左手の上に右手をかぶせるだけなのである程度手首が自由に動くようになります。

どういう人が使いやすいかというと、まずは感性でアプローチを打ちたいみたいな人です。

ちょっと言葉では表現しづらいですが、右手の操作が比較的自由なので、アプローチなどで雰囲気?で打つ人です。余計分からなくw

他にも右手の自由度を上手くコントロールできれば、ヘッドスピードも上げやすくなります。ある程度の練習量が要りますが、ドライバー・アイアンをもっと飛ばしたい人(全員かw)などは、手首が動きやすくなり、ミスが出やすくるデメリットがあっても、十分に採用するに値する価値があるのではないかとも思います。

オーバーラッピングはどうしてもグリップが動きやすくなるので、非力な人には向いていませんし、手の小さい人も採用しないほうが良いと思います。上から覆いかぶスような形なので、安定感にはかけるといえるでしょう。

メリット 手首を動かしやすいので、感性でスイングしやすい。
手首を上手く使えばヘッドスピードをあげることが出来る。
採用しているゴルファーが多いのでアドバイスを受けやすい。
デメリット グリップの一体感に不安定さがあるのでミスが出やすい
こんな人に向いてる 距離感を感性で打ち分けたいような人。
飛距離を少しでも伸ばしたいと考えている人

テンフィンガーグリップ(ベースボールグリップ)

ベースボールグリップ

結論から言いますと、あまりテンフィンガーグリップはおすすめしません。今ではほとんどテンフィンガーグリップを採用している人がいないので分かると思います。

特徴はオーバーラッピンググリップより、更に大きく手首が使えることになります。

右手と左手を両方グリップにしっかりと密着させて握ることが出来るので、かなり力強く振ることが出来たり、コックが最大限しやすいので、非力な方は採用する価値は一定あるとは思います。

ボブ・エステス(Bob Estes)なんかは最近まで活躍していた選手で、PGAでの優勝も何回かありますが、彼はベースボールグリップを採用していたとおもいます。

どのグリップにもデメリットはありますが、ベースグリップを極めようとするのは、かなりの勇気と努力が要るのではないかと思います。

しかし、このグリップは実はレッスンやスイングの矯正をするにはもってこいと言う特徴もあります。

よく練習するときに、右手と左手を放して(右手はシャフト付近を握る)スイングするというのをするのですが、これの意図はグリップエンドが自分の正面にあるのが意識しやすいからです。

やってみると分かると思うのですが、フェースの面やクラブの位置が把握しやすいです。このことからもたまにテンフィンガーでの練習はします。左手主導が強すぎたり、引っ張る意識の強い人とかはやってみると効果的です。特に引っ張りすぎてスライスが出る人とかには効果的に矯正できるグリップです。

メリット 手首がかなり自由なので、使い方によってはヘッドスピードが上がるかも?
スイングの矯正には役立つ
デメリット グリップが不安定なのでかなりミスが出やすい。
こんな人に向いてる 特におすすめはしませんが、練習などで使うのは良いと思います。

まとめ

まとめると、基本的にはこれから習得するなら、個人的にですが、インターロッキンググリップをおすすめします。

ここで解説したメリット・デメリットを理解した上で、自分はどういうスイングをしたいのか、どういうゴルファーになりたいのかで変わってくるとは思いますが、アマチュアゴルファーが練習にかけれる時間や量は限られてくると思うので、ミスが極力減らせるなら積極的に採用するべきだと思います。

今回はかなり個人的な見解も入っているので、全く違う意見があるのは百も承知ですが、少しでも最適なグリップ選びの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク