ゴルフというスポーツは2つの要素からなっている

ゴルフはコース戦略とスイング(ショット)の2つの要素から成り立っています。

ゲームマネジメントの要素を除けば、相手がいない分ゴルフは如何にスイングが上手く再現できるかにつきます。

そのスイングの原点は、全てグリップから始まるといってもよいでしょう。

といいますか、全ての原因を突き詰めていきますと、ほとんどグリップに行きあたります。

[adsense]

グリップの理解はゴルフスイングの理解に匹敵する

 しかし、グリップの難しいところは、きちんと自分で理解し、意味を分かってそのグリップを作ってきたゴルファーなら、その都度修正といいますか、自分なりのニュートラルなポジションに戻りやすいんですが、そうではなく、ただこうした方が良いよという言葉だけで教えられ、意味をあまり理解せずに始めたゴルファーは、ゴルフ経験とともに加速度的にグリップの握りが変化(悪化)していきます。

 例えば、フックグリップから始めた人は、少しボールが捕まらないラウンドが続くと、どんどんストロンググリップへ行ってしまいます。
これでは正しいグリップのニュートラルが、そのゴルファーの中にないので、スイングの何が悪いのかすら分からなくなってきてしまいます。

 ですので、グリップの基礎知識はこれから御自分がゴルフをしていくうえで、もっとも大切な要素になってくるといっても過言ではないでしょう。
今後スイングを研究したり練習する過程で、御自分の戻るべきポジション、ニュートラルといいますか、ココは変わらないというものがあるのは非常に心強いですので、これからお話しするグリップの基礎知識はぜひ御理解し、そして一番自分に合ったグリップを身につけてください。

スポンサーリンク