medium_8505584494

ボールをどの位置に置くか?そして手の位置は?

まず、肩幅に足を開いた状態でセンターに置くのが基本です。

そして、この時手の位置(グリップは)必ず体の真ん中に置くようにしてください。

この時のクラブは7番アイアンを想定しています。

そして7番アイアンより短いものは少しボールが右側におかれることになります。反対に長くなるにつれて左に置きます。

この辺は個人差があり一概には言えないのですがまず自分の手の位置と、ボールの位置の関係が安定してゴルフコースで再現できるようになるのが重要です。

7番アイアンより上の番手では、少しずつボールの位置が左に寄っていくことになります。

そしてドライバーでは左足の内側のラインと、ボールの左のラインが重なるように置きます。

この時大事なのは手の位置を動かさないという事です。

それともう一つ重要なのは、クラブフェイスをスクエアに合わせると勝手にボールの位置が変わってくるという事です。

手の位置や、ボールの位置を変えるという意識ではなくあくまで手は体の真ん中で、後はクラブの長さでボールの位置が変わってくるという受動的なものだという事です。

注意しなければいけないのは、ドライバーショットの時、手を左内ももぐらいまで持ってくる人がいてますが、これでは少し安定感に欠けます。

もちろんこれでスイングできないわけではないですが、この状態のアドレスだと手の動く範囲が大きくなっているという事は知っておく必要があります。

スイングの基本的なメカニズムが分かってくると、どうしてグリップエンド(手の位置)が正面にあるのが良いのかはおのずと分かってくることと思います。

まとめ

  • 常に手の位置は体の正面が基本。
  • 基準は7番アイアン(8番でもOK、ミドルアイアンが一般的)で作る(手もボールもセンター)
  • ドライバーの時は左足内側にボールを置く。この時手の位置を左に持ってこない。7番アイアンの位置。
  • 7番アイアンより短い番手は全てセンターでも良いが、少しずつ右側に入れても良い。
  • 重要なのは常に手とボールの位置がラウンド中一定であることが大切。
  • その基本があるから応用が利く

スポンサーリンク