皆さんいまさらですが、斜面での打ち方、特性をしっかり理解していますか?

よく述べられているのは、傾斜は傾斜なりに立って打つという説と、傾斜に逆らってアドレスして打つという説の2パターンが出てきます。
これはどちらが正しいのでしょうか?

答えは『どちらも正しい』です。

ここではどうして2つのやり方が出てくるのかを考えながら、斜面での特性を覚えて行きましょう。
まず、なぜ傾斜から打つ方法を覚えるのかといえば、平なところでするスイングを斜面でするのは難しい、言い換えれば何も考えずいつも通りにスイングすると結果が違ってくる為です。
初めに『普段のスイングを再現するのか?』『打ち方を変えて打つのか?』これをしっかり考えます。
厳密には2つとも普段のスイングとは違ってくるのですが、感覚的なもので考えてもらうと分かりやすいでしょう。
それではライ別の特徴をしっかり把握することから始めます。

傾斜別の特徴を頭に入れておきましょう

左足上がりのライ
左に引っ掛けが出易い。
右にプッシュスライスも出易い。
距離が落ちる。
ボールが上がり易い
右足に体重が残り易い
体か右に残ってしまいやすいライなので、フェースが寝て入りやすい。体が回っていかないので、フェースが返りやすくなりフックボールが出てしまう。
打ち方としては、クラブを短めに持ってインパクトにかけて右足を前に出していく感じで打つ。右足を前に出すとは極端にいえばフィニッシュで飛球線に対して直角になるようにすることである。
このライではあまり斜面に対して逆らうよりも、自然に斜面なりに立って、距離が落ちるのを覚悟して打つほうが結果は上手くいきやすい。
左足下がりのライ
右にプッシュスライスが出易い。
ボールが上がらない。
トップが出易い。
距離があまり落ちない。
体が突っ込みやすいので左サイドをしっかりと止めておける力加減でスイングするのが重要。ライに対してはあまり逆らわずにライ通りに立つほうが成功する確率は高くなる。
スイングが終わるまで顔をしっかり残すよう意識すると良い。
クラブフェイスが立ってインパクトするので、低くボールが出てしまう。ボールが止まらずランが多く出るので小さくスイングしても飛距離はそんなに落ちない。
つま先上がりのライ
フックボールが出易い。
ダフリ易い。
距離が出難い
かかと寄りに体重がかかってくることで、ダウンスイングで体が前後しやすいライ。これによりダフリのミスが多く出てしまう。
前述の理由で手首が返りやすくなり、フックボールになる。
このライは斜面に逆らって立つのが基本でいつもよりどっしりと腰を落とすように打つ。斜面なりに打つことでフックボールが出るのでこれを初めから利用して狙いを右側に移してショットする。
つま先下がりのライ
スライスボールが出やすい。
場合によってはシャンクも出やすい。
トップしやすい。
距離が出ない。
ダウンスイングの時に体が前に突っ込みやすいライなので極端にヒールに当たってシャンクが出ることもある。
前後の体の動きを意識的に抑えるようにして打つのと、ボールの位置までが遠くなるので、腰をしっかりと落として打つことが肝心。

どのライでも共通して言えることは、斜面の度合いが強くなるに従って、飛距離が落ちるという事です。
その原因はどうしてもフルスイングが出来ない事にあります。立っているのが苦しいほどのライでは3、4、5番手は飛距離が落ちるのを理解して打ちましょう。
そして、まっすぐなライよりボールが曲がります。これも当たり前ですが各ライ別にしっかり整理しておきます。

そのままいつもの感じで打つのか、それとも打ち方構え方を変えて打つのかははっきり言ってその人のスキルや感覚に依存する部分が多くありすぎるので結論を出すのは難しそうです。
しかし、経験上確かなことは『90前後までのプレーヤーは概ね傾斜の特性を甘く見すぎる傾向にある事は間違いありません』ので、もう一度頭を整理し自分が思っているよりもスイングや結果に傾斜が影響を与えていることを理解しましょう

スポンサーリンク