ゴルフを始める時に最初に覚えなければいけないのはグリップですね。

しかしゴルフのグリップ(握り方)は大きく分けるだけでも3種類あります。

更にその中でもストロンググリップ・ウィークグリップなど細かく各ゴルファーでそれこそ千差万別です。

最初は細かなところまでは覚えなくてもいいと思いますが、基本となる3種類の握り方だけは覚えておきましょう。

グリップの種類は大きく分けて3種類

  • インターロッキンググリップ
  • オーバーラッピンググリップ
  • テンフィンガーグリップ(別名ベースボールグリップ)

インターロッキンググリップ

インターロッキンググリップ
インターロッキンググリップの特徴は右手の小指と左手の人差し指をしっかりからめてグリップします。

左手と右手がより近くなるので、一体感が出るのが長所です。

その昔まではこのグリップは非力な人に良いとされていましたが、このグリップは右手の力が伝わりにくいといいますか、右手があまり自由に動かないので、右手が強く動いてしまうような力の強い人の方が向いていると私は思います。

ちなみにあのタイガーウッズ選手や石川遼くんもこのインターロッキンググリップです。

オーバーラッピンググリップ

オーバーラッピンググリップ
現在主流のグリップがオーバーラッピンググリップです。右手の自由度があるので、感覚的に打ち易いのが主な特徴です。

握り方は右手の小指を左手の人差し指と中指の上に乗せるように握ります。

しかしこのグリップは右手の自由度がきく分、やや使いすぎて不安定になりやすい側面もあります。

テンフィンガーグリップ

ベースボールグリップ
テンフィンガーグリップの握り方はその名の通り全部の指で握ります。写真を見た方が分かりやすいと思いますが野球のバットと同じ握り方です。

この握り方は手首自体の動きは抑えられるのですがどちらの手にも力が入りやすいですので癖が出やすいといえます。

グリップの種類のまとめ

グリップはこの3種類が基本形としてあります。大まかな特徴は説明のとおりですが、最初に誤った形で覚えてしまうとスイング自体にもかなり影響してしまいます。

したがってこれからゴルフを始める方は特にご自分にあったグリップを採用するようにして下さい。

個人的な見解ですが、これから始める方はインターロッキンググリップの採用が一番いいのではと思っています。

自分にあったグリップの選び方については下記で書いていますので参考にして下さい。

また、パターのグリップも注意する必要がありますので、パッティンググリップに関してはこちららをどうぞ

スポンサーリンク