先ず最初に正確に自分のスイング軌道を知ることから初めます。
動画を使って正確にゴルフのスイングチェックする方法

自分はどうしてスライスが出てしまうのか?
OBは大体右へのOBだけどたまに左への大フック、いわゆるチーピンも出てしまう。
こんなアベレージゴルファーが非常に多いのではないでしょうか?

先ずは自分のスイングでスライスが出るメカニズムを正確に知っておく必要があります。

人の体の構造上仕方がないスイングのメカニズム

大きなスライスボールは全てボールに右回転がかかっていると言って間違いありません。

覚えておきたいのは、ゴルフのスイングは人間の体の構造上どうしても右回転がにかかりやすくなっているので、初心者のうちにスライスに悩むのは実はスイングの特徴上誰にでも起こりやすい現象なのです。

ですので本能のままにスイングをしていくとだんだんと捕まりが悪いスイングになっていく事が多いので、冒頭のように自分のスイングを定期的にチェックしていくのは大切です。

そしてチェックすべき項目はスイング軌道とフェースの向きになります。

スイング軌道を修正するだけでスライスが治る

先ずはスイング軌道から見て行きましょう。この項目だけを見るだけでも極端なスライスが直る人は多いと思います。

スイング軌道を見るためにはスイングの後方からの動画をチェックします。

後方から見て構えた位置のヘッドからグリップまで直線を書き、その延長線が俗に言うスイングプレーンになります。

そしてヘッドと首の延長線上のラインがホーガンプレーン、その真中のラインがタイガーラインと言われています。

基本的にテークバックからダウンスイングまで、ホーガンプレーンとスイングプレーンの中に収まっていればクラブは正しい軌道を描いていると言っても間違いないので、先ずは自分のスイングがテークバックとダウンスイングでどのラインを通っているのかチェクします。

テークバックもダウンスイングもシャフトプレーンの下を通っているようだと、極端なインサイドからのスイングになり、クラブフェイスがオープンのまま閉じきらずプッシュスライスとなります。

反対にそれより上からダウンスイングが降りてくるようだとカット軌道になり、左に飛び出してからの大スライスになっていると思います。

他にはこのライン上に収まっているにも関わらずスライスが止まらない場合はフェースの向きをしっかり閉じるようにする方向での練習が必要になってきます。

理想のスイング軌道を知ることが大切

理想とするスイングプレーンは範囲に収まっていて、更にテークバックの時よりダウンスイングの時の軌道が少し下になっているスイングです。

テークバックの時はタイガーラインで上がっていき、ダウンスイングの時にスイングプレーンで降りてくるみたいなスイングがトッププロ(上級者共通)のスイングになります。

このスイングができているといわゆるインサイドから降りてくることになり、しっかりとした捕まったボールが打てるようになるのです。

上級者の共通事項なのでこのスイング目指すのがスイング矯正の第一歩になります。

この時最初のテークバックの時は別にホーガンラインでもタイガーラインでも構わないのですが、スイングプレーンのラインで上げていくと、ダウンスイングの時にそれよダウンスイングする事になり、極端なインサイドになってでフェースが閉じないのでこの点だけは注意するようにして下さい。

スイング軌道の修正の次にすることは?

次にチェックするのはフェースの向きになります。
スイング軌道によってフェイスの向きは変わってきてしまうのですが、スイング軌道が範囲内にあるのに、ボールが思うように行かない人は今度はフェースの向きを修正していきましょう。

スライスに限定して言えばほぼフェイスが開いてしまう原因はテークバックにあると言ってもいいでしょう。

テークバックでほぼスイングが決まってしまうので、テークバックを見直すことでフェイスが開かないインパクトが手に入ります。

多いミスがぺろんと手を回転させるように上げてしまうミスです。
これをすると後方からハーフウェイバックの状態で画像を見てみると、ヘッドが体の外に言ってしまいます。
理想はハーフウェイバックの状態でシャフトはヘッドに隠れて見えないように重なることです。

今までこの状態でクラブをあげていた人は、極端にフェイスを閉じながら上げていく意識でテークバックするぐらいで多分ちょうどよくなると思います。

次に多いのが、プレーンにそって上げてきても、右肘をいわゆるフライングエルボーみたいな状態にしてしまい、右脇が空いてしまうミスです。

こうなると完全なオーバースイングになってしまい、ダウンスイングでフェースが閉じきりません

チェックの仕方はトップの位置で左手の角度が甲側に折れず真っ直ぐになっているかを見て下さい。

甲側に極端に折れているようだと完全にフライングエルボー状態で右脇が空いてますので矯正するようにします。

他にも幾つかスライスの原因はあるのですが、スイング軌道と、フェースの向きだけを正確に治していくだけで、大スライスのミスはほぼ無くなると思いますので是非チャレンジしてみて下さい。

スポンサーリンク