10m~15m以上残ったパッティングでは3パットの危険性が出てきます。

3パットをするというのはスコアに直結してきます。

プロゴルファーは3パットは非常に少ないですが、果たしてパターの腕前だけでそれほどアマチュアとの差が出てくるものでしょうか?

実はプロゴルファーも15m以上のパッティングでは、いかに3パットをしないようにするかをまずは考えています。

どんな距離でも入れに行くとはプロでも思っていないのです。2パットでOK。もし1パットで入ったらそれはラッキーぐらいの考えです。

もちろんアマチュアゴルファーも「俺も2パットでOKと思ってるけどやっぱり3パットが多くなる」という人がほとんどでしょう。

一つの考え方として、どんな状況でも1パットで入れに行くから、結果として2パットで収まる、という意見もあるのは承知していますが、こちらの考えについては又次回にでも考察します。

プロとの大きな違いは真剣さ

アマチュアゴルファーとプロゴルファーの大きな違いは、本気で3パットしないような打ち方を考えているかいないかに尽きると思います。

ココ重要なのででもう一度。『本気』でです。

プロは外した結果を、悪くてもここのポジションに置いておくというように、1パット目の外しどころをしっかり考えて打っています。

まずは3パットしやすい状況を考えてみます。

  • 下りのラインなのに大きくショートして又下りを残してしまった
  • フックラインを大きめに読み間違えて、なおかつショートした
  • スライスラインも同じで曲がりを大きめに読んでカップに届かなかった
  • 上りのラインを入れに行ったが2mもオーバー

などが考えられます。

どれも共通しているのは下りを残すと次のパットが非常に難しくなることです。

ショートした結果、下りのラインが残ると最悪です。

カップオーバーしていると、返しのパットは一度来た道ですから、それが例え下りのラインになったとしても幾らかは入る確率は上がるはずです。

しかしショートしてしまうと、そこから先はファーストパットと同じで未開のライン。やはりこれが最悪です。

外すのを前提に狙っていくと上手くいく

上記の通り、プロゴルファーはロングパットの際、常に入らなかった場合を想定しています。

外すにしても次のパットが入りやすいところに外れるように打っているのです。

基本的に同じ2mの距離が残っても、上り、そしてフックラインというのが最も入る確率が高くなります。

したがって、基本はこのラインが残りやすいように打ちます。

  1. ロングパットのフックラインはラインを大きめに読む
  2. ロングパットのスライスラインもラインを浅めに読む
  3. 上りのラインはジャストタッチを心がけるが、外しても絶対に大オーバーしないように打つ
  4. 逆に下りのラインは絶対にショートしてはいけない。怖気づかない方が良い

後はこれの複合になります。

例えば上りのフックラインはジャストタッチを心がけ、なおかつラインを大きめに読むと、例え外しても上りのフックラインが残ります。

このように15m以上のロングパットという状況では、必ず2パット目が優しくなるように考えてから打つのです。

もちろん狙いに行かないと言っているのではないですが、外した場合も次が優しくなるような狙い方をするのが重要です。

アベレージゴルファーはあまり考えず、2パットで良いと思って、とりあえず寄せようというぐらいの意識でしか、ロングパットを打っていない人が多すぎです。

この考え方はショットでも同じことが言えます。

予めグリーンを狙う場合に、外しても寄せやすい場所を探しておく、と言うのは脱初心者ゴルファーの第一歩です。

次打のことを少し考えるだけで3パットを撲滅できますよ。

スポンサーリンク