バンカーショットを苦手にするゴルファーの方は多いと思います。

しかし、バンカーショットのメカニズムを正しく理解し、基本を覚えればむしろ大きなミスには繋がりにくいショットであることがわかると思います。

今回はバンカーショットの基本的な打ち方やメカニズムを解説したいと思います。

なぜバンカーショットは普通のショットよりも簡単なのか?

バンカーショットはボールの3㎝~10㎝手前にクラブヘッドを入れていきます。

ヘッドが打ち付けられたエネルギーが、砂に伝わり、ボールごと飛び出します。

これはちょうど物体が爆発するときに似ていて、爆発力を使ってボールを脱出させるのがバンカーショットの基本になります。

バンカーショットではよく『エクスプロージョン』という言葉を聞くと思いますが、この意味はまさに”爆発”です。

ではなぜバンカーショットではボールを直接打たないのでしょうか?それはズバリ、距離感を出すのが難しいからです。

普通のショットは、芝生の上で打つので、クラブヘッドが少々手前から入っても、スベってボールにあたってくれます。

しかし、バンカーの砂の抵抗は非常に大きいので、バンカーショットでは少しでも手前からクラブヘッドが入ると、全くボールが飛ばなくなってしまいます。そこで考えだされたのがエクスプロージョンショットなわけです。安定した距離を打つことを目的に考えだされました。

直接打つのが難しいのは間違いないですが、反対に、ボールに直接ヒットしなくても、だいたい手前にヘッドを入れればそこそこボールは飛ぶので、ある意味ミスしにくいのは、普通のショットよりバンカーショットというふうに考えられます。

このように考えると、よほど繊細に距離を打ち分けようとしなければ、バンカーショットのほうが簡単なショットだと言うことです。

実際にどこにヘッドを入れていくの?

ボールの手前にヘッドを入れて打つのですが、この時、リーディングエッジからヘッドを入れてはいけません。リーディングエッジからヘッドを入れると砂の中にヘッドが潜り込んでしまい、うまく爆発が起こりません。

リーディングエッジからヘッドを入れるのではなく、ソールからヘッドを入れていくようにして下さい。ソールから入れることで、爆発力がしっかり砂、ボールに伝わることになり、脱出が容易になります。

又、バンスが大きいクラブで打ったほうがより爆発力が上がるので、簡単に脱出できるようになります。

バンカーショットの基本が理解出来れば勘の良い方はすぐにわかると思いますが、打ち方については、ソールをうまく使える打ち方をするということになります。

ここで間違えてはいけないのは、バンカーショットは結果としてエクスプロージョンショットになりますが、打ち方やスイングは、何ら他のショットと違わないということです。

昔はしっかり腰を落として、『上から打ち込め!、ドスンと!』と言われていた時もありました。バンカーショットが特殊なスイングだと勘違いしてゴルフ初心者を大いに惑わし、バンカーが苦手なゴルファーを増やしていたのかもしれません。

重要なので繰り返し言いますが、スイングの仕方は通常のショットと同じです。アウトサイドインで振りぬくなんて考えなくてもいいです。というか、そんなことしていたら、絶対にバンカーから脱出出来ませんから。

打ち方は一緒だが構え方が違うので注意!

  1. ボールに対してまっすぐ構える。この時通常のショットよりも、ボール1個分左足に寄せる。
  2. グリップの位置を変えずに、手の中でグリップを回し、フェースを開く。
  3. その構えから左足を反時計回りに引き、スタンスの向きをオープンスタンスにする
  4. スタンスなりに開いた体の向きを飛球線に向かってまっすぐに戻す。
  5. 足:オープン 体:スクエア この状態から、前傾姿勢を取ると、自然に左足体重になりやすい。
  6. そのスタンス通りにスイングするとボールの手前にヘッドが入る。

こうすることで、クラブヘッドがソールから入りやすく、しっかりとエクスプロージョンを利用したバンカーショットが打てます。

この時注意する点として、グリップを短く持つのと、足場をしっかり固定し、やや左足体重で構える。そして決してハンドファーストに構えないということです。

グリップを短く持つのは、足場を少し砂に埋めるためその調整と、コンパクトに操作しやすくするためです。ボール1個分ぐらいでいいでしょう。

そして左足体重にする理由は、しっかりと左側へ振りぬいていくためです。どうしても右足に体重が残ると、振り抜きが悪くなり、思ったほど爆発が起こりません。それどころか、ザックリになってしまうミスになります。

スイング中は体重移動を出来るだけせず、左足を軸に回転するようなイメージでスイングして下さい。

スポンサーリンク