ゴルフの練習場で練習するとき、ほとんどのゴルファーはセンター付近の打席から練習しているのではないでしょうか?
実際練習場の打席も端っこの席より真ん中の打席が埋まっていることが多くあります。

真ん中の打席から打ったほうが、気持ちが良いし打ちやすいのでよく分かるのですが、果たしてそれでしっかり実践的な練習になるでしょうか?

プレッシャーがかからない練習が果たして有効か?

ゴルフコースにおいて左右に障害物がなく、ノープレッシャーで好きな様に打てるシチュエーションというのはそう多くはありません。
実際のコースではフェアウェイも狭く、左右にOBがあったり、木がせり出していたり、ドッグレッグになっていたりと、プレッシャーとの戦いのはずです。
なのにいつも練習場では、気持よく真ん中からばんばん打っている。これでは中々実践的な練習ができません。

気持よくのびのびスイングできればナイスショット。けれど少しでもプレッシャーがかかれば途端にダメ。
こういうゴルファーは多いと思うのです。

真ん中を捨てる勇気を持とう

そのために普段の練習場での練習から、プレッシャーをかけながら練習をすることで、ナイスショットを打てる確率を高めていくのです。

ゴルフはメンタルの要素が非常に大きいですので、常日頃からしっかり実際のゴルフ場を意識して練習しておくのがお勧めです。

そのためにも左右端っこの打席で打つことをおすすめします。

右サイドから打つ場合は、右側にすぐにネットがあります。
このため、少しでも右にボールが出てしまうと、ネットにあたってしまいます。これは結構なプレッシャーが掛かります。
これを意識しながら絶対に右のネットには当てない練習を繰り返すのです。この練習でプレッシャーに打ち勝ち、絶対に右には行かないボールが打てるようになれば、実際にコースへ行った際に、右サイドが危険なコースが非常に強くなります。

曲がる方向を一方向にするとぐっとスコアが良くなるにも書きましたが、80台をまずコンスタントに出すためには、どちらかのサイドを消していく技術というのは、非常に効果的になります。

もちろんこの練習はスライスの矯正にもなりますので、初心者の方にもお勧めです。
右サイドで打っているうちに、自然と右に曲げないボールが習得できるようになります。

このように端っこの打席で打つのは、どのレベルのゴルファーにも有効です。
反対に左側の打席でやるとフック、引掛けの矯正にもなります。

最も、スイングそのものの矯正や、習得をする時等は、もちろん真ん中の打席でも良いと思います。
要は、その日どんな目的で練習場に来たのか、今日はどんなことを練習するのか、そのあたりを考えて日頃から練習に取り組むと、いろいろな練習の仕方が見えてくると思います。

スポンサーリンク