パッティングの時の大原則として手首の角度を変えないというのがあります。
パッティングのストローク中に手首の角度が変わってしまうと、方向性が悪くなるだけではなく、距離感も狂ってくることになります。

そこでプロゴルファーの多くはこぞってパッティング中に手首が動かないように練習したり、動かない方法を日夜研究しています。

如何に手首が動かない状態を作るかが重要

パッティングにおいては最も正確性が高いとされる打ち方に、右手はエンジン(距離感)左手はハンドル(方向)というのがあります。
利き腕の方はより微妙な感覚を使う距離感を担わせ、反対に左手は固定できるので最初にしっかりと左手を合わせておくのです。
後は左手を出来るだけ動かさないように、右手の距離感を出すことだけに集中させるというのがこの教えの肝になります。

その際にも絶対に犯してはならないのが手首角度が変わることです。
手首の角度が変わってしまうとせっかく最初にセッティングした方向性が狂ってパッティングが上手く行きません。

左手の人差し指を握らないで握るグリップも手首の角度を変えないための一つの方法になります。

通常パッティンググリップは逆オーバーラッピングで握りますが、その時に左手の人差し指を伸ばし、右手の小指、薬指、中指の上にかぶせるように構えるのです。
こうすることで特に左手首の角度が変わりづらくなります。

更にこのパターのグリップから右手の人差指も伸ばして、グリップに添えて打つ方法も同じ効果が期待できます。

右手の人差指を伸ばしてグリップに添える場合には少し注意が必要です。

人差し指に意識が集中していまい、指で押し出すように打ってしまうと逆に左手首が甲皮に折れやすくなる事があります。この点のみに注意すれば狙った距離感と方向性が出せるパッティングストロークが手に入ります。

スポンサーリンク