スイングするときはしっかり体重移動をしなければいけない。これはほとんどのゴルファーの皆さんが幾度となく聞いたことがあると思います。
しかしこの体重移動をしなければいけないという言葉から、おかしな体重移動になっているゴルファーが数多くいます。

よくあるのがテークバックの時に右足に乗る意識が強すぎるのに、頭、体の軸が中心に残ったまま、もしくは左に残ったままの状態になります。反対にフィニッシュに向かって頭、体が今度は逆に残ってしまいます。

良くいわれるリバースピボットの状態になってしまっている方です。リバースピボットはテークバックでは右足にそしてフィニッシュに向かっては左足にしっかり体重が残っていかなければいけないのに、まったく反対の状態になってしまっている状態の事です。

これではゴルフの飛距離はもちろん出ませんし、あおり打ちになってしまい、ダフリやテンプラの症状が出てきてしまいます。

即効力のあるドリルをいくつか紹介

しかし、この症状は比較的簡単に治せる症状なので、いくつか正しい体重移動の仕方のドリルを紹介していきます。
まず一つ目は、

  1. テークバックの動作の時に、左足を完全に地面から上げて行う。
  2. フィニッシュに向かって今度は右足を地面から上げて行う。

これだけです。意識的にやってもらうべきポイントは、その場で足踏みをする感じです。その場で歩くといっても良いかもしれません。
どうしても感覚がつかめない場合は、ゴルフクラブを持たないで、その場で足踏みをして下さい。すると右足で立った状態でも左足で立った状態でも、体はまっすぐに(地面と直角)立っているのを確認できると思います。

この歩くという自然な状態がスイングにおいても再現できれば、リバースピボットの症状は改善されるはずです。
初めにリバースピボットの状態でスイングしている人は、足踏みする時でも、右足が付いているとき体が左に傾き、左足で立っているときに体が右に傾いている状態でスイングしていたことになります。
普通に足踏みしているときにこのような状態になる人はそういないので、誰でも正しい状態を知ることが出来るドリルになります。

少し踏み込んだ体重移動のドリル

  1. アドレスした状態から右足だけを歩幅分下げる
  2. テークバックしながら下げた右足にしっかり体重を乗せ、左足を浮かせる
  3. ダウンスイングに向かって今度は左足に体重を乗せ、インパクト付近では右足をしっかり地面から放す

このドリルも初めのドリルと同じ効果が得られますが、よりしっかりと体の軸が中心からずれにくくなるドリルです。
守ってもらうのは、足の位置を動かさない事です。足の位置は上下はしますが、そのままの位置で上げ下げする事です。テークバックでも、フィニッシュでも足が揃ってしまわないように、初めに広げた状態で行うようにしてください。

このドリルの効果

  1. スイング中の正しい体重配分が体得できる
  2. 適切な体重配分で、飛距離が伸びる
  3. インパクトの位置が安定するので、ミート率が上がる

このドリルは体重移動を体で覚えるドリルですが、実はもうひとつ重要な要素が体得できます。それは、スイング中、体が常に構えた位置にあることで、インパクトが安定する事です。
初めに述べたとおり、右へ左へばかりを意識して勘違いスイングしてしまうと、どうしても体の位置が左右にぶれてしまいます。ですので正確にダウンスイングしていても、インパクトの入射角が変わってきますが、体が中心線からぶれない事で毎回安定したインパクトを迎える事が出来るようになります。
このドリルを覚えることで、ミート率が上がり、尚且つ適切な体重配分が出来ることから、しっかりボールに力が伝わり飛距離も伸びる事が期待できます。

スポンサーリンク