パッティングで確実にストロークを縮める要素の中でも重要なのが、ボールのスピンが綺麗にかかることにあります。
サイドスピンが掛かり過ぎたり、バックスピンがかかる状態ですと実は狙ったカップに入る確率が下がってしまうことになります

綺麗にオーバースピンがかかり、俗に言う転がりの良いパッティングはカップに吸い込まれる確率が高くなるのです。

どうして転がりの良いボールはカップに吸い込まれやすくなるのか?

どうしてもサイドスピンやバックスピンの多いボールはラインの傾斜や芝目の影響を強く受けてしまうからです。
これによりせっかく正確に構えて、正確に狙ったラインに打ち出したボールも思っているよりも強く曲がってしまったり、届かなかったりすることになるのです。

上級者の中にはわざとこのスピンをコントロールする人もいますが、先ずは転がりの良い素直なボールが打てるようになるようにするのが先決です。

一番簡単なドリルは、テークバックしないでボールを転がすドリルになります。
このドリルの一番の利点はフォロースルーがまっすぐ長く出るのでボールの転がりが良くなることになります。

まずボールに構えた状態から、ボールにフェイスを密着させます。そしてその状態から全くテークバックをしないようにボールを転がします。
この時何ヤード転がすとかは気にしなくて大丈夫です。

普段パターの転がりが悪い人は5ヤードとか、驚くほどボールが転がらないと思います。
そして出来るだけ遠くまで転がるように力の入れ方など工夫して転がすように練習します。

このドリルをやった後に、イメージを忘れず普段のパッティングをしてみると、いつもより転がりの良いカップに入りやすいボールが打てるようになります。

実際にラウンド前の練習で何球か打つだけでも効果がありますし、簡単な練習なので家で練習することも出来ます。

パッティングが苦手な人は、もしかして転がりが良くないので入らないかもしれませんよ。

スポンサーリンク