冬の時期にはあまり気にならないラフからのアプローチも夏のゴルフ場では厄介になってくるので苦手にしている方も多いと思います。
今回はそんなラフからのアプローチの打ち方を解説していきます。

そもそもラフからのアプローチが難しい理由はいくつか上げられます。

  1. ラフの抵抗に負けてチャックリ(ざっくり)が出やすい
  2. ラフでフェースの向きが変わりやすく、方向性が出しにくい
  3. ラフの抵抗で距離感が合いにくい

という3点が苦手としてるゴルファーが多い原因ではないかと思います。

ポイントはいかに芝の抵抗を抑えるか

上手くラフからのアプローチを成功させるポイントはなんといってもラフの抵抗に負けないようにショットすることです。
もしくはラフの抵抗が少なくなるように打つことです。

もちろんこれが出来れば良いのは言うまでもありませんが、これこそがアマチュアゴルファーの方には難しい所と感じているのではないでしょうか?

まず、ラフの抵抗を感じる、ラフに負ける原因で一番多いのはクラブを鋭角に打ち込もうと意識し過ぎることにあります。
とにかくラフに負けたくないという意識が強く働き、上から打ち込むようにするアマチュアゴルファーが多くいますがこれが間違いのもとです。

クラブを鋭角に入れると、リーディングエッジからラフに入っていきますので、芝の抵抗が最大限かかってきてしまいます。
最も抵抗を少なくする方法はソール(バンスの部分)を使ってすべらせるように打つことです。

どちらにしても芝の抵抗はある程度かかって来ることになるのですが、鋭角にリーディングエッジから入れるよりも断然抵抗は少なくなりますし、なんといっても芝の抵抗が一定になります。
毎回鋭角に入れてアプローチしているとショットの度に抵抗が大きく変わってきてしまいますが、滑らせてフェースを入れるようにすることである程度ラフの抵抗が一定になってくれますのでこれもミスを防ぐ大きな役割になります。

インサイドからの振り下ろしは間違いの元

ソールを滑らせる意識で入射角をマイルドにすること以外で重要な点は、インサイドから振り下ろさないことも大切な点になります。

クラブをインサイドから下ろしてくると、フェースがより芝に接するのが早くなるので、芝の抵抗が強くなってしまいます。
これをアウトサイドから(基本的にはストレートが良い)入れることによって、フェースに芝が接する距離が短くなり、結果芝の影響を受けにくく振りぬきやすくなります。

最後に重要な点はある程度グリッププレッシャー(握りの強さ)をしっかりすることです。
ラフからのアプローチはどうしても抵抗が避けれませんので、ラフの影響に負けないようにしっかりとグリップを握ることも重要です。この時グリップは普段よりも2~3cm短めに握ることも忘れずに行いましょう。

以上の点を注意してアプローチをすると、ラフからのアプローチが格段にうまくいくと思います。

ラフからのアプローチを成功させるポイントまとめ

  1. 上から打ち込まないで入射角をマイルドにする
  2. インサイドから打ち込まないでアウトサイドから打つ
  3. グリップを短く握り強めに握っておく
  4. インパクトで止めるように打たずしっかり振りぬく意識を持つ

スポンサーリンク