まずゴルフを初めて最初に悩むのがスライスという人が多いのではないでしょうか?
そんな私もやり始めの初心者ゴルファーの時はスライスでOBが出まくりかなり苦労しました。

そこで今回はまず、スライスをどのように克服するのか?というのを考えていきたいと思います。

その前にスライスにも種類があるということを知っておかないといけませんので、スライスの種類や原因などをまとめてみます。

スライスと一口に言っても多くは3種類に分類できると考えています。

  1. スライス
    左に大きく打つだされたボールがターゲットよりも更に右に落ちるスライス
  2. プッシュアウトスライス
    ターゲット方向に撃ちだされたボールが右に落ちるスライス
  3. フェード(パワーフェード)
    やや左に撃ちだされたボールがターゲット方向に落ちるフェード

3番めはいわゆるスライスボールではなくフェードになりますが、大きな括りでスライスという定義にしてみました。
更に共通しているのはボールには右回転がかかっているということです。

実はベテランゴルファーに多いのが特徴

1,の場合のスライスは非力なゴルファーや、逆にベテランのゴルフ歴の長いゴルファーに多く見られます。
ベテランゴルファーでも昔パーシモンやメタルなどのドライバーを使ってきたことのあるゴルファーです。

このタイプのベテランゴルファーは昔のパーシモンなどのドライバーでスイングを覚えてきた世代ですのでその時の打ち方が染み込んでいるのが原因です。

ではどのような結果左に打ち出されてターゲットよりも右に曲がってしまうのかというと、ダウンスイングの軌道がアウトサイドインのカット軌道で、インパクトのフェースはスクエアかオープンに当たるとこのスライスが出ます。

フェースが例え綺麗にスクエアにあたってもアウトサイドインの起動によりボールにスライス回転(右回転)がかかってしまいます。
これにより思っているポイントよりも更に右にボールが行ってしまいます。

最近の流行のスライス?

2,のスライスは最近では一番多いスライスとなります。
このスライスはインパクトした瞬間にOBと分かるようなボールになっていると思います。

原因としては極端にインサイドの軌道でシャフトが降りてきて、シャフトが寝てしまいフェースが閉じきらずに開いてあたり大きく右に飛び出してしまいます。
最近のクラブ(特にドライバー)は特に反発係数が高く、オートマティックに打てるようにフェースが閉じにくい傾向がありますので、最もこのタイプのスライスのミスが多くなってきています。

悪い人はこの状態だと自覚しているので強制的にフェースを閉じる動きをしたり、極端に左側へヘッドを走らせてしまい、更に右回転が加わってしまい、1,のタイプのボールになっている人も多いのが特徴です。

今の主流の打ち方

3,は正確にはフェード(コントロールされたスライス)と言われています。今ではツアープロの多くがこのフェードを進化させ、イントゥウインの軌道で打つパワーフェードを持ち球にしているプロが多いです。
パワーフェードは再現性が高く体に負担のかかりにくいスイングメカニズムでので、しっかりと距離を出すことが出来れば強い武器になるからです。

フェースはスクエアかややオープンになってインパクトしています。

1と2のいずれのスライスも右回転の他にもスピンがかかりやすいボールになりますので回転数が多くランも出ず飛距離が出ませんが、パワーフェードは右回転するけれどスピンは減らし距離を稼ぐことが出来る打ち方です。

スライスの特徴まとめ

  1. スライス
    アウトサイドインのカット軌道でフェースはスクエアかオープン
  2. プッシュアウトスライス
    インサイドすぎる軌道でフェースはオープン
  3. フェード(パワーフェード)
    イントゥインの軌道でフェースはスクエアかややオープン

このようにスライスの原因にも沢山の種類がありますので、自分にあったスライスの矯正法を見つけるには先ずは自分のスイング軌道やインパクトの瞬間のフェース向きなどをしっかり把握することから始めるべきです。
スライスの原因を正確に知る方法

その上で、持ち球をフェードにしていくのか?ドローボール、もしくはストレートボールにしていくのか?を決めそれにあった練習方法をこなしていくと良いでしょう。

とりあえず早急に矯正したい方はこちらのエントリーをどうぞ
明日ラウンドなんで手っ取り早くスライスを治す方法

原因別のスライス矯正法は別エントリーに解説していますので、自分にあった矯正方法を見つけて下さい。

スポンサーリンク