このサイトへの訪問でもスライスを治したいという方の流入がかなり多くいます。

それだけ、ゴルフの上達でスライスの克服が重要だと感じている方が多い証拠ですし、実際GPMも意図的にスライスを治してしっかりとボールを捕まえることは、ゴルフ上達の第一歩だと考えています。

しかし、ここではあえて、スライスを自分の意思で打つ方法を書いてみようと思います。

あえて、スライスを打つ意味はこのあたりを読んでいただけると、理解できるかなと思います。

曲がる方向を一方向にするとぐっとスコアが良くなる

初心者でも打てるスライスの方法とは?

スライスボールを打つ方法は大きく分けて、3つぐらいあると考えています。もちろん細かく分類していくとたくさんあるのですが、一つの目安として参考にしてみてください。

最初に紹介するやり方から、初心者でも打ち分けやすいやり方になります。

ボールを半個分ずらして打つ!

初心者でも最も容易にスライスボールを打つ方法は、ゴルフボールの置き場所をゴルフボール半個分左に寄せて打つ方法です

大前提として、いつも通りのスイングをするというのが重要です。

ゴルフボールを左に半個分だけずらしてアドレスすることで、インパクトが少しだけ開いてとらえるような形になり、自然とスライスボールになります。

要はつかまりにくいボール位置ということです。

ただ、冒頭でも書きましたが、少しつかまりにくいというのは体が勝手にわかって反応してしまうので、状態が突っ込んで、思いっきりドスライスになる危険性もあります。

ですので、あくまでも、いつものボール位置のスタンスのスイングを再現するのが重要です。

このボール位置ですと、しっかりと捕まえて、ドローボールを打つのはかなり困難になると思いますので、自然と、ストレートか、スライスボールになります。

手首を返さないでスライスを打つ方法

この手首を返さないフィニッシュでスライスボールを打つ方法も、割と簡単に初心者でも出来ます。

少し練習場での練習で繰り返す必要はありますが、やり方はとても簡単です。

意識するのは左手の甲です。

普段は、意識している、しないに関わらず、自然と左手の甲が返っていると思いますが(しっかり捕まえてボールえおとらえている人は)ここではあえて、左手の甲を進行方向へ、押し出すような感じでフィニッシュを迎えるようにします。

ここでも重要なのは、いつも通りのスイングをあくまで行ったうえで、左手の甲だけを返さないように意識することです。

この方法は会得すると大変再現しやすい方法ですが、一定数、パンチショットみたいな感じで打ってしまう人がいます。簡単に言うと、インパクトで終りのようなショットです。

パンチショットのように打ってしまうと、思いのほかスライスの幅が大きくなってしまうので、できるだけ、スイングは止めずしっかり最後まで振り切りながら、左手の甲だけを返さないようにしましょう。

切り返しのタイミングを少しだけ早くする方法

この方法はは、少し難しいかもしれません。私は今ではこの方法で対処していますが、スイングテンポが普段から確立されていない初心者や中級者では、根本的にすべてのスイングで不具合が出る可能性がありますので、注意してください。

ただこの方法のメリットは、スイング自体は何も変えなくてもいいということにつきます。

いつも通りのスイングで、少し切り返しのタイミングを早めることで、ヘッドの返りが遅れて、微妙にボールを逃がしてくれます。

ですので、いつかはぜひこの打分けを覚えていただけると、安定したゴルフが会得できると思います。

スライスボールを打つ方法をまとめると

今回は、スライスボールをあえて打つ方法を紹介しましたが、一番重要なのは、普段のショットで、いかにしっかりとゴルフボールを捕まえて打つ事を習得することに尽きると思います。

結局、普段から均一でないショットを繰り返していては、なかなか意図的にはスライスボールは打つことができませんからね。

ただ、今回の方法は、普段スライスボールが出る確率を必ず上昇させてくれることだけは確実なので、意図的にスライスボールを打つ時には、初心者でもかなり有効だと思います。

スライスボールしか出ない打ち方(たとえ大きく曲がっても)を覚えると、コース攻略で、かなり有利になるので、シングルを目指すゴルファーはもちろん、これから100切りを目指すゴルファーにも、かなり役立ってくれると思います。

スポンサーリンク