テークバックまではスムーズに行くアマチュアでも、どうしても切り返し、テークバックでリキんで打ち急いでしまう人が多いです。

目の前にあるボールを打ちに行くために、無意識で打ち急いでしまい、分かっているけど体が突っ込んだり、タイミングが早くなってしまいます。

ダウンスイングを安定させるコツは、ボールを打ちにいかないで、スイングのリズムを心がけるようにすることです。

今回はよくあるダウンスイングの特徴と、切り返し・ダウンスイングが自然に安定するドリルを紹介します。

やってしまいがちなダウンスイングの3つの始動イメージ

ダウンスイング・切り返しとも呼ばれますが、トップの位置から振り下ろすタイミングの取り方が、飛距離や安定性に大きく関わってきます。

安定した切り返し、ダウンスイングは重要ですが、初心者ゴルファーや90台で回るぐらいの中級者ゴルファーが実際にやってしまっている、ダウンスイングの初動イメージを大きく3つに分けて説明します。もし自分がどれかに当てはまるなら注意が必要です。

切り返しの3つの特徴
  1. 腕を振り下ろすイメージで始めるダウンスイング
  2. 腰を切るイメージで始めるダウンスイング
  3. 左腕手動で始めるダウンスイング

1,腕を振り下ろすイメージで始めるダウンスイング

腕を振り下ろすイメージでダウンスイングを始めるゴルファーですが、これに関してはそんなに悪いことではありません。

ただ、腕を振り下ろす感覚でダウンスイングを始めると、体と腕の一体感が出にくい事があります。

具体的には、腕の意識が強すぎると左への体重移動が遅れがちになり、ダフリの原因になることです。
これは体重が右足に残りやすくなってしまう為にダフりやすくなるということです。

逆に体重移動を意識すると腕の振り遅れになり、トップ、そしてプッシュスライスも出てしまいまうのでバランスが難しくなります。

上記のことに注意して、体の一体感が再現できるようになれば、腕全体を振り下ろすイメージでダウンスイングすることは、ダウンブローにヘッドが入り、しっかりと捕まった球が打てるようになるので、体の横移動ではなく縦の体重移動を意識してから腕を振り下ろすと、うまくいくようになります。

2,腰を切るイメージで始めるダウンスイング

腰を切るイメージの欠点は、次第に体が早く開きすぎてしまう様になることです。

その結果徐々に振り遅れ傾向になっていき、ますます腰を早く切ってしまうという状況になってしまいがちです。

また、この方法は左足に体重が乗らず、右足に体重が残ってしまうという結果にもつながってきやすい傾向があります。昔から言われる明治の大砲というやつです。

腕を振り下ろす始動の人よりも、より悪い方向への加速がついてくるので、腰を切るイメージで飛距離が出ない、スライスが治らないといった方は、早めにこのイメージから脱出した方が良いです。

逆に、どうしてもスライスを打ちたい場合や、ダフリそうなライの場合などは、わざと腰からの始動を意識し、早めに腰を切る様にして絶対にダフらないように打って行くという中級技もあります。

3,左腕手動で始めるダウンスイング

左腕を始動にダウンスイングを始める人も多いです。

練習場等での再現性の高いシチュエーション(平らなフェアウェイ)などでは上手くいきますが、コースへ行き、いろいろなプレッシャーや、様々な状況に対応している最中には著しく再現性が低くなってしまいます。

結果として腰から始動を始める人と同様、ボールの上っ面に当たりやすく、スライス、トップボールが出やすい傾向にあります。腰を切るイメージよりショット毎のバラツキが大きくなるので、スライスが出たり、フックが出たりとミスの出方も安定しません。

さらに厄介なのは腰を切る場合よりも、特にボールが曲がったりしやすいので注意する必要があるでしょう。

ショットはコースでの再現性が一番重要です

ゴルフのスイングで安定性を高めるのに重要なのは、出来るだけ大きな筋肉(動かしにくい筋肉)を使い、小さな筋肉(動かしやすい)を使わないようにすることです。

器用に簡単に動かせる筋肉はプレッシャーや、ライ・気象条件などですぐに狂ってしまいます。上半身より下半身、指や手より腕、という風に少しでも動かす意識の部分を不器用なものに変更していく努力をするとコースでの再現性が早く高まります。

ダウンスイングの再現性に重点を置くドリル|始動のタイミング

ようやくダウンスイングのドリルの説明をしていきます。

  1. テークバックで右脇があかない程度までバックスイングし、そこで一旦止めます。
  2. その状態から(厳密に実際のスイングではトップに行く前に)左足を地面に押し込む様に踏み込みます。
  3. 左足親指と、左足かかとを真下に踏み込む、もしくは釘や棒などを足で真下に打ち込むイメージで始動です
  4. 腕はその勢いで勝手に落ちてくるイメージで力を入れてはいけません。

やることは簡単です。

ポイントは

  • トップで必ず止めてから、そこからスタートする
  • あくまで腕、上半身は左足の踏み込みにより結果として振り下ろされる
  • 絶対に横移動ではなく真下に踏み込む

この点だけ注意して、振り下ろすイメージがなくなるまで繰り返しやってみてください。

重要なので繰り返しますが、あくまで腕、上半身は左足の踏み込みにより結果として振り下ろされるというのが重要です。

このドリルで得られることは安定したダウンスイングの起動とタイミングです。体が開かないでインパクト出来るのでショットが安定します

またプレッシャーの掛かった場面でも下半身を意識して切り返すことで、ミスもかなり減ります。

ラウンド前に素振りでいいのでこのドリルを取り入れてみるだけで(10~20回程度)ショットは安定すると思いますので、是非試してみてください。

ダウンスイングドリルの注意点

注意点として、この方法で実際にスイングすると少しつま先が浮いてしまうのですが、極力つま先側をめくらないように踏んばることが大切です。

特にかかとのみを押し込むと腰が引いたスイングになり、逆に親指だけを押し込むと上半身が突っ込みやすくなってしまいますので、あくまで左足の内側全部で踏み込むイメージが大切です。

最後にまとめると

左腕主導や腰から切り返すと、どうしても降り遅れたり体が突っ込んでしまうというのは前述しましたが、左足かかと・左足親指を真下に踏み込むことで、重心は左足に乗りながら、体の正面に腕がおりてくるので正確にボールを捉えることが出来るようになります。

このサイトテーマである、コースでの再現性が高まることがこのドリルの最大のメリットです。

実際にコースでの再現性が低い一つの原因は、小さい筋肉をイメージしすぎてぶれが大きくなることは述べました。

逆にいえば小さな筋肉は非常に敏感で繊細なので、ゆくゆくはより小さい筋肉を安定して動かせれば再現性は実はアップします。

まずは比較的大きい筋肉・動かしにくい筋肉(下半身)に動きを先導させることで、無意識に小さな筋肉がついてくるという練習をしましょう。

コースでは沢山のプレッシャーがある為、再現性がどうしても落ちてしまいますが、このドリルで切り返しのタイミングを安定させる練習をすれば、プレッシャーがかかった場面でも比較的安定してショットが打てるようになります。

スポンサーリンク