テークバックは初めの30cmはノーコックで真っ直ぐに引く、というのが基本としてあります。
果たしてこの基本の意味というのはどういうことでしょうか?

まずはノーコックでテークバックしていくので、スイングのアークは自然と大きなものになっていきます。
大きなスイングプレーンを作って飛ばすというのが、ノーコックでのテークバックの主な目的になります。

もう一つ、ヘッドをまっすぐ後方に引くので、スイングプレーンがインサイドに上がり過ぎないという効果もあります。

テークバックはこちらも参考に
誰でもスムーズなテークバックが身に着く方法!


基本を疑って自分にあったテークバックを手に入れる

しかし、果たしてノーコックで始動し、スイングアークを大きくするほうが、より良い結果が出るのでしょうか?
テークバック(バックスイング)の始動は両腕の三角形を崩さず、ヘッドを一体化させてノーコックでテークバックを開始し、トップ付近に来た途端突然コックを開始することになります。
これまでのやり方ですと、どうしてもトップの位置で手首が様々に動きやすく、これが原因でスイングプレーンから大きくずれてしまうことが多く見かけられます。
バックスイングでの軌道が狂ってしまうと、ダウンスイングで正確なオンプレーンに載せることが難しく、結果大きなミスショットの原因になってしまいます。

そこで違った考え方として、スイングアークは多少小さくなっても、正確に鋭く振ることができれば、結果として安定的な飛距離と、ミスの少ないショットが打てるという考え方です。

スイングアークが多少小さくなってもショットが安定するほうが良い

コンパクトなスイングアークで正確にショットを打つドリルです。

まずはテークバックの始動をヘッドからという意識に変えます。
テークバックでヘッドから動かそうとすると、まず手首を使わないとできません。

つまり、いきなりコックをしてしまうのです。
コックをしながらテークバックをしていき、右腰のあたりまで来たあたりで、コックは終了している感じです。
最終的なコックを先に作ってしまいます。後はそのまま体を回していけばバックスイングの完成になります。

コックを先にしてしまえば、正しい軌道はその時点で決まってきます。後はそのまま体の回転を続けるだけなので、自然と正しいスイングプレーンになります。
トップ直前で急激にコックするやり方とは大きく違いますが、安定してプレーンに載せることができるようになるのです。

フェース面をスクエアにするコックの仕方

コックをする向きにも注目です。
スイングにおいて重要な要素にフェースの向きがありますが、そもそもコックをする向きが違っていれば正確にヒットできません。

スイングにおいてはコックは必ず縦方向にしか動いてはいけません。
なぜならば、コックが横に動くとフェースが閉じたり開いたりするからです。

やり方はは左手の親指にクラブがまっすぐ乗っかる感じにします。
ここでずれなければフェース面は構えた時から変わらないので、スクエアな状態のままスイングが出来ます。

もう一つ親指に載せるようにコックを使えば、必ず、親指が一定の位置で止まるので、必要以上にコックが大きくなりすぎることもありません。
つまりコックのしすぎによるオーバースイングも防げるというわけです。

このように今まではまっすぐ後方にヘッドを引いてテークバックするという基本を意識し過ぎて、実はミスショットを招いていたのです。

スポンサーリンク