テークバックはスイングのメカニズムを理解するところから始めましょう。

ゴルフのスイングを覚える順番ですが、最初に基本的な立ち方・体重のかけ方を覚えて、それからグリップを適切なものにします。

次に覚えるのがテークバックいわゆるスイングの初動になるのですが、テークバックを身につけるというより、スイングのメカニズムを覚える方が圧倒的にスムーズにいきます。

よく、テークバックの初動は『初めの30cmはヘッドをまっすぐ引きなさい!』というのを聞いたことがあると思うんですが、これはそもそも結果的にそうなるだけであって、意識してヘッドをまっすぐってやってたら、かなりぎくしゃくしたテークバックになってしまいます。

ゴルファーでよくあるのが、テークバックをあまりにも意識しすぎて上手くかないタイプです。目的と手段を勘違いしている人です。

例えて言うなら、平均的な運動神経の男性なら誰でもキャッチボール位はしたことがあると思いますが、ボールを投げるとき手をどこまで上げようかとか、この位置に上げようかとかあんまり考えないですよね。

それくらい無意識に上げていくことが出来れば本当は理想なんです。しかし決して、どこに上げて行っても良いという事はなくて、どこに上げるかという目安があるのでそれを書きます。

まき割りのイメージでスイングするのが正解です。

タイトル通りですが、これから少しややこしくなるかも知れませんので分解して話していきます。

テークバックは大きく分けて

テークバックの中身
体の使い方
腕の使い方

最初は体と腕を別々に動かすドリル?をにやりますが、めちゃくちゃ簡単ですので一度チャレンジして下さい。

  • 正面で構えたら、そのまま手を振りかぶります。大体肩の高さまでで結構です。それ以上ですときっとバランス崩します。
  • 振りかぶった状態でそのまま右方向を向いてください。
    ※ココで体の使い方ができてる人はきっちりトップの位置まで体をねじってくれて構いません。
  • 体の動きがあまり分かっていない人は、下半身をまず出来るだけそのままで、右に上半身を向けてください(捻転する)。この時、上半身を右足の上に乗せる様な感じです。足の裏で今どちらに体重がかかっているか確認して、右足に7~8割ぐらいはかかっているようにして下さい。

上記が基本的にTOPの位置になります。もちろん顔も右に向いていますので、顔を正面に向けたら完成形になります。

今回は先に上げてから、右を向くというドリルをやりましたが、これで下半身が動かないで、しっかりと右足体重になれるようになってきたら、次のステップに行きますのできっちりココまでは出来るようになってください。

上のやり方がスムーズに出来てきたら今度は2つを同時に行います。つまり、右に体を向けながら腕を振りかぶるのです。(同時に行います)

スムーズで出来るようになると、これでテークバックは完成になります。

尚この時の注意点は、グリップエンドが常に体の正面から離れないようにすることです。

※追記です
右足に体重を乗せるんですが、このとき膝を少し曲げて、絶対に動かさないようにしてください。

右足の付け根の所(股関節)に力が入って抑える感じで行って下さい。

この辺の下半身を固定するやり方はここで書きました。

注意点をまとめてみました

  • 右足に体重の7割になるように右に向く。
  • 腕を上げるときはあくまで体の正面に真上に上げる。(常にグリップエンドが自分の体の正面にあること)
  • 2つを同時に行う事で結果的にヘッドがスムーズに動く。

スポンサーリンク