ゴルフラウンドを繰り返していると『今日はティーショットは良かったのに、アイアンショットが調子悪かった』とか『パターは良かったのにドライバーが全然だめだった』みたいなことがよく起こりませんか?

僕もこういうことはよく起こります。パターさえ入っていたらベストスコアだったのに!

実は最大限飛ばすことに集中するドライバーショットと、繊細なタッチを要求するアイアンショット、パッティングにははっきりと違いがあるからこそ起こる現象なんです。

物理的?生理的にどうしてこういうことが起きやすいのかを検証したいと思います。

物理的な原因と、人間の体の構造との2つの原因がある

一般的にアイアンショット・ドライバーショット・パッティングはボールの位置が違うためにショットのその日の出来にばらつきが出ると言われています。

もう一つの原因はあまり語られていませんが、そもそも使う筋肉に違いがあるから、調子に狂いが生じるということです。

最初に前提条件として、クラブセッティングの段階で大きく間違ったことをしていないというのが大切です。

例えば、ドライバーのシャフトは手元調子のドライバーを使っているのに、アイアンのセッティングはかなり先調子とか、こういう場合は、そもそもフィッティングが上手く行っていないために起こるので、今回のテーマにはあまり当てはまりません。

まずはゴルフクラブのセッティングをきっちり見直すことが先決です。

意図的に先調子・元調子等分けて使い、スイングも2パターンで行うプロゴルファーももちろんいますので、悪いことではありませんが、知らずになってしまっている場合は、自分で認識しておく必要があります。

後は細かな原因を見ていってしまうと千差万別でそれこそ人それぞれで終わってしまいます。

ですので今回は大きな理由として2つを挙げ、更に体の構造からくる違いに焦点を当ててみたいと思います。

そもそものスイング論に関してはあまり触れませんのでご容赦ください。

ということで2つの原因を検証します。

ボールの位置が違うことによる出来不出来

大体よく言われるのが、スタンスした時のボールの位置が違うことで、ダウンスイングからのクラブのリリースポイントが違ってくるという理由です。スイング論ですね。

簡単に言うと、ティーショットでは、スイングの最下点を通過して、クラブ軌道が上がってくるときにインパクトするのに比べて、アイアンショットでは最下点より少し手前ぐらいでインパクトします。

これにより、クラブ(コック)のリリースポイントやらクラブ軌道様々なものがが変わってくるので狂いが生じるということです。ボールの位置によりスイングテンポが変わってくるのは至極当然の結果なのでわかりやすい原因となります。

解決策として、出来るだけボールの位置を統一して打つスイング(どのショットも1つの同じスイングと考える理論)を習得するというのが考えられますが、現実には習得するまでに時間がかかる場合があります。

プロの中で統一している人は、ゴルフボールの位置を左足の踵線上とは考えず、常に顔の左端の下と決めてスイングする人も多いですので、参考にしてください。

体の構造による原因

今日の本題はこれです。

いわゆる人間の体の構造による好不調の原因です。

人間の体を動かす筋肉には2種類あるという考え方があります。

  1. 主働筋
  2. 拮抗筋

という筋肉で、それぞれの役割は表裏一体で、

主働筋
動作をする方向に使う筋肉
例:肘を曲げる動作の上腕二頭筋
拮抗筋
主働筋をコントロールするときに使う筋肉
例:肘を曲げる動作の上腕三頭筋

腕を曲げる時は主動筋である上腕二頭筋(力こぶが出るところ)が収縮して動作をします。その時拮抗筋(この時の拮抗筋は上腕三頭筋・俗に言う二の腕)が反対の力を働かせて、上腕二頭筋を止めたり緩めたりとコントロールしています。

反対に腕を伸ばす時は、上腕三頭筋が主働筋になり、上腕二頭筋が拮抗筋の役割を果たします。

ちょっとややこしいですが、車の構造で言うエンジンとブレーキの様な関係性があり初めて適切な動作をしているということです。

スイングの種類で筋肉の動きは変わってくる

  • できれば最大限飛ばしたいドライバーでのティーショット。
  • 飛距離より方向性が問われるアイアンショット
  • 繊細なタッチが要求されるパッティング

このようにショットによって筋肉に求める役割がが変わってくることから、主動筋・拮抗筋の役割の大きさも自然と変わってきます。

  • パターやアイアンショットは振り切らずに止める動きが加わるため拮抗筋が活躍(重要)する
  • ティーショットは最大限飛ばしたいので拮抗筋は邪魔であまり使わない

2つの筋肉の役割が異なるため、どちらもバランス良く作用しないと適切な動作(ショット)が出来ません。

人間は主動筋を使うほうが圧倒的に操作しやすいですが、拮抗筋(無意識)は意識的にコントロールするのは難しいとされています。

このため主動筋の操作がうまくいっている日は、ドライバーなどのショットは調子が良いが、パッティングは上手くいかないと言うようなことが起こるわけです。反対も同様です。

ドライバーばかり練習しているとパットが不調になるのは、拮抗筋とのバランスが崩れてくるからだとも言われています。

石川遼くんも米国に渡った当初一気にスランプに陥りましたが、これはドライバーを主に練習していたせいかもしれません。

上記の事から、普段からドライバー(主働筋を使うショット)ばかり練習していると、この記事のテーマである、パター・アイアンショットとティーショットの好不調の差が大きくなってしまいます。

脳の使い方の違いによる原因

このサイトで何度も書いてきましたが、弱い力が必要なときほど繊細で難しいです。拮抗筋のコントロールが難しいからですね。

反対に大きな動き、先程の最大限飛距離を出したいティーショットなどの時は、主に主働筋をコントロールすることになるので、筋肉の動かし方は比較的シンプルです。

更に脳の使い方も変わってくるみたいです。

複雑な動き(繊細な動き)を調整する必要がある時は大脳皮質を最大限使うようですが、最大筋力を使う時などは大脳基底核という部分を使います。

大脳基底核というところは脳の中でも原始的な部分であると言われていることから、もともと誰にでも備わっている能力だということですかね。

このあたりは専門外なので断定できませんが、

パーキンソン病は大脳基底核変性疾患の代表的なもの

とされているあたり、人間の能力としてもともと備わっている部分であることは間違いないと思います。

結論的なものをまとめると

結局ショットによって動かす筋肉や、脳の使い方がかなり異なるために、パッティング・アイアンショットとドライバーショットの調子がズレが出やすいという結論になりました。

普段から、まんべんなく練習しておくことはもちろんですが、すべてのショットの要素を含んでいると言われる、パッティングに重点を置いて練習するのが、最も好不調の差をなくすためには必要なことだと思います。

スポンサーリンク