ゴルフの上手な人と下手な人では、意識する所や見る所が違います。それにより動きや結果に違いが出てきます。
先ずは、アドレスしてからの行動に大きな違いを見る事ができます。

ゴルフの下手な人はボールを長い間見つめています。そのため、じっと固まっている時間も長いです。アドレスしてから時間がかかる人がイップスにもかかりやすいと言われています。

これはボールを打つ事だけに集中しているため、目から、目の後ろに力が入り→首に入りそして肩へ力が入って→腕に力が入っていきます。
それにより、上体の力だけでスイングする事になるため、スイング軌道とフェイスが乱れ、バランスも崩れやすくなり、ミスショットにつながります

ゴルフが上手い人はボールでなくイメージを見ている

上手な人は、アドレスしてからフェイス・ターゲット・打ち出したい上空・シャフトなどを見ているため、常に顔や目は動いています。

ゴルフのスイングはナイスショットの弾道イメージが無いと良い動きになりません。弾道のイメージをつかむために、フェイスや上空・ターゲットを見て球のイメージをしています。

ミスする人は、ミスする弾道のイメージをしてしまっていることが多いです。

例えば、この前来た時に左の池に入れた話しをしてしまったりします。そして、同じようにまた池に入れてしまいます。

又は、前のホールでアプローチした時に、トップしてオーバーするミスをした後、そのイメージが出ると次はダフりのミスが出たりします。

ミスをしないためには、良い球の弾道イメージが重要なのです。

弾道イメージすることで自然に最適なスイングになる

上空の球の高さをイメージしていると、木を越すためや、バンカーのあごを越すためのクラブもすぐに決まります。

ドローの人は右上空に出すイメージをもち、フェードの人は左上空に出すイメージを持ちます。

また、シャフトのライ角を見る事によって、スイングするクラブの高さをイメージします。

ショートアイアンはライ角がアップライトなので立て振りのスイングをイメージし、ドライバーはライ角がフラットなので横振りのスイングをイメージ出来ます。

クラブのデザイン通りに使う事で、そのクラブの機能が発揮され、方向性と飛距離・ミート率が上がります

コースでは斜面もあるので、前上がりはライ角もフラットになり、横振りのイメージが必要、前下りがりはライ角がアップライトになるため、立て振りのイメージを持つようにします。

他にもグリップを左に傾けるアドレスを取ると、シャフトが左へ傾き、フェイスのロフトも立ち、テークバックで上に上げやすいため、早めにクラブヘッドが上がり、フォロースルーを引く出すクラブの動きになります。

これだけで自然と低い球のイメージが出ます。

上記の例でわかるように、ただスイングする時に球を見ているだけの人は、球を打っているだけになり、地面にクラブを差し込む結果になってしまいます。もちろん狙ったターゲットにボールが飛んで行く確率は減少するでしょう。

ゴルフはターゲットゲームに向かってボールを運ぶゲームなので、しっかりとこれから打つボールの弾道をイメージし、スイングすることを心がけると、ゴルフが上達します。

スポンサーリンク