ゴルフのグリップには、ウィークグリップ、スクエアグリップ、ストロンググリップとおおまかに3種類があります。

今回はウィークグリップについて説明します。

まずはどのようなグリップがウィークグリップというのかを見て行きましょう。

普通に構えた状態で、自分のグリップをまっすぐ見ます。その時左手の拳の山が1個以下しか見えない状態です。
つまり左手が打ち出す方向に少しねじれている状態です。

左手の親指と人差指で作ったVラインが自分の左肩を向いているのも特徴です。
右手のVラインも同様に左肩を指している状態です。

要は手の甲がまっすぐしている状態がスクエアグリップ、左に回転している状態がウィークグリップ、反対に右側にねじれているとストロンググリップになります。

ウィークグリップの特徴

一般的にウィークグリップは手首が使いやすいグリップです。
昔のクラブは、現在のクラブと違って、ボールを捕まえにくい作りになっていました。
そこでクラブをウィークに握り、手首を大きく返して(ローテーション)、ボールを打つのが一般的でした。
ですので、現在のつかまりやすいクラブにはあまり向いていないというのが一般的です。

現代のクラブはボールのつかまりやすさを重視する傾向にありますので、必要以上に、腕をローリングさせてボールを捕まえる必要はありません。
それどころか、以下にロールを抑えて、クラブヘッドに仕事をしてもらえるかが重要です。

ウィークグリップで構えてしまうと、しっかり腕を返さないと、どうしてもフェースが開いた状態でインパクトを迎えてしまいます。
この状態でインパクトしてしまうと、ボールが必然的に、右側へ飛び出します。

現在のクラブを打ちこなすのに、ウィークグリップを使うことは殆ど無いと思いますが、一度ご自分のグリップを確認して、もしボールの捕まりが悪いようでしたら、もしかしてグリップに原因があるかもしれません。

もう一つ簡単なグリップの確認方法に、グリップをしたまま方の高さでシャフトが平行になるぐらい位置までまっすぐ腕を上げていきます。
その時フェースが左に傾いていればストロンググリップ、反対に右に傾いていればウィークグリップです。

スポンサーリンク