ショットの正確性が大切なのはゴルフにおいては言うまでもありません。スコアがそれで左右されるのですから当たり前と言えば当たり前です。
では正確性においての重要度で優先順位が高いのは次のどちらになるでしょうか?

【距離感】と【方向性】

この答えがすぐに回答できる人は最低でもアベレージ90以下の腕前を持つゴルファーだと思います。
答えは【距離感】になります。どちらも重要なのは確かですが、俗に言う縦の距離が合わないことには、はっきり言ってスコアメイクが出来ません。

それぞれのゴルファーのレベルによって求める精度が変わるのですが、ある程度ショットが出来るようになってきたら縦の距離のブレを少なくするほうが先決です。これはパッティングにも共通して言えることなので、パッティングで説明すると、10ヤード位の距離のパットだとして、左右に外れる幅は多分よっぽどミスをするか、傾斜の激しいラインでもない限りカップから1ヤード以内ぐらいには寄ると思います。
しかし、縦の距離は結構離れてしまう事が多いでしょう。

パッティングに見る左右のずれと縦のずれ

まずパッティングでは、縦の距離感を合わせる努力をすることによって、必然と3パットの危険性が減ってくるのです。
次のラウンドでぜひ前後左右どれくらい離れたかを測ってみてください。圧倒的に縦のずれが多くなっていると思います。

ショットにおいてもこの限りなのですが、もう少しショットのほうは左右の曲がりが大きくなるかと思いますが、こちらもぜひコースで計測してみることをお勧めします。

プロのショットを見ていて分かる事は、どんなプロゴルファーも縦の距離のミスというのはほとんどしていません。左右に外すというのはスイングの少しのぶれで起こりえる事なので多々あるのですが、飛距離においてはそうとんでもないミスはしていないようです。あるとすればいわゆるスピンがかかり過ぎたり、かからなかったりというので、距離にばらつきが出る事はあります。これがアベレージゴルファーの場合はどうでしょうか?実際にミスを振りかえると圧倒的に左右のミスより縦のミスのほうが多いはずです。これはミスショットで自分の望む飛距離が出ていないのが多いのは当たり前ですが、案外多いのが何ヤード打てば良いかという、飛距離のジャッジミスです。

良く斜面が揃うと注意しなければいけないといいますす。例えば左足上がりのライ、グリーンまでも登っている、グリーンも受けているというような状況だと、自分が考えた距離ではショートしやすくなる場合とかがそうです。こういう場合にショートするゴルファーは打つべき飛距離のジャッジが誤っています。もちろん安全にショート目で打つという初めからの考えなら問題ありません。

問題なのは150ヤードきれいに打ったはずなのに、思っているより20ヤードショートした場合です。この場合自分が何らかのミスショットをして20ヤード手前に落ちたのか?もしくは打つべき距離が実際は170ヤードあったのではないかという事ですが、往々にして後者の170ヤード打つべきところだったというのが多く発生しています。

まずは正確な残りヤード、打つべき飛距離を把握することがゴルフ上達の重要な要素になります。

コストパフォーマンスでGPSを選ぶ
GPS距離測定機をそろそろ使うべき理由

スポンサーリンク