アマチュアゴルファーは自分で考えているより、コックを解きすぎているのをご存知でしょうか?
力のない女子プロや、小柄なゴルファーでも、ヘッドスピードが早く、より遠くに飛ばせることを不思議に思った人も多いと思います。

実は、手首のコックの使い方で、自分の力以上にヘッドスピードがあげられるようになります。

そのためにはダウンスイングで手首の角度を変えない意識が大切なのです。

手首の動きは縦(いわゆるコック)の動きと左右の動きがありますが、左右の動きを抑える事とともに重要なのが縦の動きを出来るだけ押さえる事になります。

現代のゴルフクラブにリストを解く意識は要らない

ダウンスイングするときに手首を左右に動かすのは、昔の糸巻きバラタボール、木製のウッドの時代にはある程度必要でした。この動きをしないと、ボールがしっかりつかまって飛んでくれなかったからです。

しかし現代のゴルフクラブは進化し、オートマティックにクラブが仕事をしてくれるようになった事で、出来るだけ左右の手首の動きは抑えるほうが上手くいきます。

うまくいくというより、抑えないとボールを正しくインパクト出来ないと言ってもいいかもしれません。

リストターンをし過ぎてしまうと、インパクトの時フェースのあたりが一定でなくなり、ばらつきが出てしまう恐れがあるからです。

更に、てこの原理を上手く使えないためヘッドスピードも上がりません。

ゴルフでは、より大きな筋肉を動かし、小さな筋肉はあまり動かさないようにしていくことが、上達への早道になる事はすでにここで述べましたので確認ください。

ゴルフ上達への近道はスイングの再現性にある

コックをほどかない意識でヘッドスピードが上がる?

左右の動きをしないようにするのは、結果にすぐに結びつきやすいので、割と早い時期から意識して練習を重ねることになるのですが、コックのほうはあまり意識的に練習している人は多くありません。

ではコックを出来るだけほどかないようにすると、どういった効果が出てくるのでしょうか?

まずは、ダウンスイングに入った時にクラブが立って降りてきますので、『てこの原理』で、クラブがボールの前を通過するときのスピードが上がります。いわゆるヘッドスピード、インパクトスピードです。この場合肝心なのは、インパクトスピードが上がるという事です。

飛距離が出る人や、高い弾道のボールが打てる人は、ほぼ例外なくインパクトスピードが速いゴルファーです。逆にテークバックで出来たコックを、ダウンスイングの早い段階でリリースしてしまうと、ヘッドと手の間に距離の差がなくなり、手の振る速度でしかインパクトスピードが出ません。

テークバックの段階から、出来る限りコックをほどかないように意識しながらダウンスイングを始めるようにしましょう。そうする事で、インパクトゾーンが長くなり、ヘッドスピードも自然に上がってきます。

全くコックを解かない意識でOK

基本的にスイング中、コックはほどける方向に力が加わってきますので、結果必ずコックはほどけます。ですので、初めの練習ではコックをまったくほどかない意識で練習する必要があります。意識的にコックをリリースする必要は全くないという事です。

この練習をするときは、ティーの上にボールを乗せて行うとスムーズにいきます。ティーも出来るだけ高くして行うようにします。

この状態でリストを解くスイングをすると、ヘッドの上のほうに当たってしまうので、リリースを極限まで遅くする意識(もしくは全くしない)でスイングしないと、ヘッドの真ん中でボールを捕らえることができません。

今までリストコックを早くリリースしすぎているアマチュアの人は、絶対に縦のリストコックを解かないで、バックスイングからダウンスイングと常に意識して行わないと上手く行きません。最初はかなり苦しいはずですが、その状態が正しい力のかかり方なので続けて練習していって下さい。

リストコックを解かずに高めのティーアップで練習して行き、ボールが中弾道で飛ぶようになってくれば飛距離が伸びるようになり、安定したミート率も手に入ります。

多分今までよりもヘッドスピードが2~5ぐらいは普通に上げることが出来ますよ。

※追記
飛距離を正確に把握することがスコアアップの近道ということで、最近出揃ってきた感のあるゴルフGPS距離測定器についてまとめてみました。
ゴルフナビ

参考にして下さい。

スポンサーリンク