ドキドキのコースデビュー!気を付けるべき事は

コースデビューは誰でも緊張するものです。

特に後続の組の人たちが見ている朝一のティーグラウンドなんて手が震えて球が打てないかも?!

でも、心配しなくても大丈夫!誰も上手く打てるなんて思ってないですから~。

初めてのラウンドでいきなり100を切ったなんていう人もたまにはいるかもしれないけど、大抵は訳も分からずただ走って終わるはず。

それでいいんです。走って走って走りまくりましょう!

コースデビューの際は、気心の知れた家族や仲間と一緒に行くのが普通だと思います。

色々分からなくて質問したり、遅くなって迷惑を掛けることもあるので気楽な同伴者と行くべきです。

そして、なるべく混んでいたり敷居の高いゴルフ場は避けて、安いセルフの空いているゴルフ場を探したほうが良いです。

もし混み合っている場合などは、可能なら後ろの組に初ラウンドであることを伝えておいたり、予約の際、後続組の来ない1番最後に予約をしたりする配慮も必要かもしれません。

本格的なラウンドデビューの前に、ショートコースで大体のゴルフの流れを把握しておくというのもおススメです。

そして、いざ初ラウンドを迎えたら常に2,3本のクラブを持ってボールへ向かいましょう。

たまに、初心者と思われる前の組の人達が、1本しかクラブを持たずボールを打って、又カートへ戻りクラブを変えてボールへ向かい・・なんてやっているのを見るととてもイライラします。

下手でもいいんです。上手く打てないのは当たり前です。

でも、そんな時数本のクラブを抱えて走っている人を見ると「急がなくてもいいよ!頑張れ!」って応援したくなっちゃうんですよね。

きっと皆同じ気持ちだと思います。

だって、ゴルフ歴30年以上のシングルプレーヤーだって、初めてのラウンドが必ずあったんですから。

ゴルフをしている人は皆初ラウンドを迎えた人の気持ちを知っているんです。

だから、とにかく皆に迷惑を掛けないように一生懸命走っている姿を見れば、誰だって応援したくなります。

おじさんの中には、まだ若い女性がゴルフをしているのを珍しく思っている人もいます。

そんな人達にも「若い女子でもマナーを守って一生懸命プレーしているんですよ」っていう姿を是非見せてあげましょうね!

私がいつもゴルフウェアを買うところ。可愛くってオススメ♪

レディースゴルフウェア人気NO.1セレクトショップ【vivid-golf】ビビゴルフ

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年11月24日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ノウハウ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ